フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

2019年11月29日 (金)

お相撲の事(日馬富士と朝青龍のことから)

 昨日、モンゴルと、それも白鵬の父上と親しいという方が工房にお見えになった。そこで暫しお相撲のことなどを。

 10年ほど前、朝青龍が相撲を辞めさせられました。そして2017年の11月には、日馬富士も辞めさせられた。その時、相撲協会の八角理事長は記者会見で・・・

 《日馬富士は、肉体と精神の力を振り絞って、長年にわたり土俵を務めてくれました。とくに本年の9月場所では、3横綱が次々と休場する中、一人横綱として土俵を守り、優勝を果たしました。その日馬富士が、このような形で土俵を去ることは、日本相撲協会としましても大変な損失であり、非常に残念です。》

 こう述べた。横綱は横綱を知るという事か。

Photo_20191129152001
日馬富士

 一方世評は、モンゴル出身力士たちの集まりを糾弾した。「集まるな!」と。

 今の相撲界の隆盛の基礎を作った春日野親方(元横綱栃錦)は、横綱の孤独を語っています。横綱の地位というものは、横綱でなければわからない事があるという。
 幸い栃錦は、同時代に吉葉山、千代の山、鏡里など、弱くて問題はあったけれど仲間がいたから、彼らと人知れず会って、孤独を癒していたと言います。
 
 《晴れがましくはなやかに見える横綱も、内心はつねに緊張感をもちつづけて孤独なもの、そういう機微がかようのは横綱同士だけなので、話も大いにはずんで、ずいぶんにぎやかな会になったものです》と語っています(昭和36年中央公論社発行「栃錦一代」)。

Photo_20191129103301

 同じように、故郷を離れ、異国で相撲を取っていたモンゴル人たちの孤独もあったに違いない。彼らの集まりを糾弾する人たちは、そこに思いを馳せることもしない。朝青龍は高校生の時に来日し、記者会見でも「水も違う、言葉も違う」と語っていましたが、異国での生活の孤独はいかばかりかと思います。たまたま、私の業界の後輩が横綱の相談相手でしたが、そんな孤独を語っておりました。

 さて朝青龍は、長年一人横綱を張ってきた。栃錦の言葉を当てはめれば、その孤独は想像を絶する。だからこそ彼は、日馬富士に同情を寄せるのだと私は思う。その朝青龍もまた、引退を余儀なくされた。若干29歳の時(それを「神」というのは安易で勝手です)。

Photo_20191129152301
朝青龍と日馬富士(夕刊フジから)

 それにしても現代の日本人は四角四面で粋じゃない。粋な日本人は、広い心をもって相撲を楽しんだ。つまりは、今の人たちは野暮だってことです。

 そもそも彼らは相撲を勘違いしている。元横綱貴乃花は、国技だ相撲道だなんて言ったけれど、相撲はそんなきれいなものじゃない。「土俵に金が落ちている」というのが、相撲取りのモチベーションだったのはつい最近のことだし、谷町なんて云うのがいて、相撲取りは、ある意味でたかり集団でもある。ある意味興行の世界。その善悪を問うたところでしかないこと。そういう世界なんですから。

 双葉山の連勝記録が話題になった。いや、今でもなっている。それを聞いた元横綱太刀山は、「こんなに連勝が話題になるのなら、負けてやらなければよかった」と言った。56連勝の次の取り組みを八百長(それも酒をもらっただけ)で負け、それから43連勝。負けてなければ100連勝だったんです。

Photo_20191129151301
太刀山

 ちなみに太刀山は、横綱になってから3敗しかしていない。たぶん、史上最強の横綱です。それを破った一人、横綱栃木山は栃木県出身。頭が剥げてきて髷が結えなくなって引退(諸説あり)。つまり強いまま引退。引退後の明治神宮での奉納相撲大会で優勝したほどに強かった(昔の相撲は、逸話がいっぱいあって面白い)。

 弱い方で云えば、大砲(おおづつ)という横綱は、「横綱は負けちゃいけない」と言われて、3年6場所で7勝3敗1預25引分だった。25の引き分けでも許されたわけです、引き分けをうまい具合に使ったのも相撲。それはメンツの問題。

Photo_20191129151701
大砲(おおづつ)

 昔の日本人は、相撲はそんなものだと知って粋に許し、相撲を楽しんだ。
 相撲も人間社会も、四角四面の正義を振りかざしてばかりいるつまらないものになりました。

2019年11月28日 (木)

麻衣(あさごろも)

 「麻といえば高級な上布を思い浮かべるが、人々が着ていたのはもっと丈夫な、蚊帳だの畳の縁(へり)などに近い麻衣だった」と、柳田国男は書いている。これを普通にヌノといい、木綿で織ったものはモメン、その糸はカナといってイトとは言わなかった。つまり日本では、麻が普通の布であり糸だったと。

 麻は明治時代、冬の東北で使われていた。水気の浸みやすい木綿を着るのは不便だから、その上に麻を着て雪を払っていた。麻が手に入り難くなって、代わりに木綿の古着を刺して使うようになった。これも文化。 

Dscf0009
我が家で染めた百何十年か前の麻衣

 あさ衣 きればなつかし紀の国の 妹背の山に麻まく吾妹(わぎも)

 万葉集にある歌だが、麻は万葉の時代といわず、縄文時代から続いている日本の文化。いや、続いていたと過去形か。でもね、僅かな人たちが受け継いでいるのです。それは今でも吾妹(わぎも)。つまり、女性たちだ。

2019年11月27日 (水)

分かった!っと思うこと

 将棋指しは天才の集まりだけれど、その中でも特に優れた天才だけが名人に成れるそうです。
 十段、王位、棋王、棋聖、王将などのタイトルを数多く取った米長邦雄は、名人位だけはライバルといわれた中原誠に何度挑戦しても取れず、研鑽に研鑽を重ねて49歳11カ月と云う最年長で名人位を獲得しました。

 中原と米長の先輩で、彼らをかわいがり育てた芹沢博文もまた、名人になるだろうといわれた大天才の一人でした。24歳でA級八段となり、当時は負ける気がしなかったと云います。

 ところが突然勝てなくなった。A級も二年で降格。もちろん、名人にもなれなかった。
 そのあたりを作家の山口瞳は「血涙十番勝負」の中で、「将棋がわかったと思ったとたんに勝てなくなった」と芹沢は云ったと書いています。

Photo_20191127132801

《その芹沢博文が、あるとき、激しく泣いた。
 芹沢が屋台のオデン屋で飲んでいて、急に涙があふれてきたというのである。
 そのとき、芹沢は、突如として、「ああ、俺は、名人にはなれないんだな」という思いがこみあげてきたのだそうだ。》

 中原は、芹沢に稽古をつけてもらって強くなり、大名人となった。米長は、芹沢に将棋のさし方を指摘されて強くなり、数多くのタイトルを取り、ついに名人となった。彼ら二人は、将棋を探求した。
 しかし、わかったと思った芹沢はついに名人なれず、「八段の上 九段の下」で終わった。

8jyou9ge

 この「わかった」は、芸事全てに通じるように私は思います。

 藍染も、「わかった」と思ったとたんに、そこで止まる。藍建ても、染液の維持管理も、藍染も、迷路に迷い込むようにわからなくなる。
 だから、わかる藍染の世界、答えのある藍染の世界に行かなければならなくなる。つまりは薬品に頼る。
 染の色合いも、追求しなくなるから深みが無いものになる。黒く汚い色でも、「これが藍染だ」と自分で納得してしまう。

 芹沢のような大天才でもそうなのですから、我々大凡人は、よくよく気をつけなければならないと私は思います。

 私に何を習っても、わかったと思ったとたんに藍がわからなくなるという教訓も、伝えなければならないと思っています。

2015年11月26日

2019年11月21日 (木)

見習う事

 今、微生物を研究している人達が遠くからいらっしゃいました。藍染は微生物の世界。藍は染料ではない。これを理解しないと本来の藍染が理解できない。染料と考える人は藍染の本質を外します。
 
 私の話を聞かなければ理解できない事だから、遠くからいらっしゃったわけだけれど、私は微生物の世界を言語化して説明できるまで修行をした。私の発する言葉には、年季が入っているのです。

 2008年に書いた記事の中で、私はこう書いている。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

NHKで「新日本紀行」をやっていました。
山形県は天童の、将棋の駒作りの職人が出てきた。
漆を使った手描きの人は、もう二人しかいないという。
35才の男性がそれを継ごうと修行を始め、弟子に入った。
師匠以外の、もう一人の手描き職人の仕事を見学に行くという設定が出てきた。

その弟子が、もう一人の職人に漆について何か質問すると、「あのね、説明できない。漆というのは毎日違うから」と答えていらした。
修行を重ねて、感じるしかないと言うことらしい。
藍染も同じです。

こういう事が、分析に頼る現代では解り難い事なのでしょう。

何でも、言葉や数字で説明できると思っている。
だから、気楽に質問をする。
答えがあると思うから、質問できるんです。
答えがないと解るのも、修行を重ねてのこと。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 漆の職人が質問に、「説明できない」と語ったのはその通りでしょう。職人仕事はそういうもので、だから「見習う」ことが必要だった。
 
 「見習う」とは読んで字のごとく、見て習う事。職人仕事を言語化することの困難がそこにある。仕事を言葉で説明できないのです。だから弟子は師匠の仕事を見習い、修行をした。世阿弥は「學」と書いて「まねぶ」、つまりマネをするとしています。
 
 正藍染に関しては、そんなことをしていたら滅びる。私の生命も覚束ない。だから私は、仕事を言葉にする修行をしました。そこに「藍建て講習会」が成立しているのです。
 
 生徒と弟子だけは、分かってくれるだろうと思っています。

11024791_791807530915383_156594320605504
講習会を始める前
私の修行のために藍建て講習会をした。
彼らはいわば、0期生。
もちろん、無料でした。

2019年11月20日 (水)

読書の楽しみ

 某大学の教授に「大川さんは読書家だから」と言われながらご著書を頂いたことがある。読書家かどうかは人の評価だから何とも言えませんが、その気が無いとも言えません。教授も我が家にいらして私の読んでいる本をご覧になっていますし、本の始末に困る程ではある。

 さて、年を取ると読む物も変わる。新しいのは読めなくなり、古いものばかり。小説も然りで、坂口安吾、志賀直哉なんぞを読み、今、堀辰雄を紐解き始めた。

 凡そは随筆を徒然なるままに読むのが一番。自分に合わないものは無理して読みませんが。紹介したように、寺田虎彦なんてのを読んでいる。

Photo_20191120115901

 そんな中、古典ほど私を楽しませてくれるものはありません。やはり、随筆が良い。徒然草や枕草子や方丈記やらなんやらを、それこそ徒然なるがままに読む。人生を何度も生きたような気になるのが、病持ちには堪らなくありがたいことなのです。

 「海舟語録」というのを読みだしました。言わずと知れた勝海舟の語録ですが、「氷川清話」と比べても面白い。並行してもう一冊「一外交官の見た明治維新」。こちらはアーネスト・サトウの書いたもの。これも、幕末から明治維新を知る手立てになるでしょう。

Photo_20191120120001 Photo_20191120120002

 読書はボチボチです。あっちを読みこっちを読みながら。それで良いのだと、本居宣長先生は書いていますし、正宗白鳥の読書法もそうだったらしいし。

 なんにつけても、ボチボチだ。

«丸善と三越