紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

他のアカウント

フォト

2018年6月26日 (火)

藍染が存在する理由・意味などについて その2 「剣道着」その①

 ある日、高校の古文の先生で、剣道も教えている方と出会いました。教士七段。
 彼は、「剣道を教えるとき、私は生徒たちに『君たちは、ただ剣道をしているわけではない。藍染の道着を身に着けることによって、同じものを身につけていた江戸時代の人と会話をしているのだ』と教えています」と、染め師の私に語ってくれました。
 さすがに古文を教えている先生の言葉だと、僭越ながら思いました。古典と親しむことは、その時代に身を置き、その時代の人と語り合い、己の来し方行く末を知り、自己を失わ無いようにすることでしょうから。私が昔ながらの藍染めに拘るのも、同じ理由です。しかし、残念ながら事はそう単純ではありません。

 植物からとる藍は、含有量が3~4%ときわめて少ないものです。
 そこで人類は、19世紀の終わり頃、石炭からコークスを取るときに出来る副生成物のコールタールから、100%の純粋な藍を発見しました。
 純粋(ピュア)な藍(インディゴ)だから、インディゴ・ピュアと呼ばれます。これが、人造藍です。

Photo_10                        (詳しくはこちらを参照)
 
 人造藍によって藍染めは革命的に変わり、簡単に染め液が出来るようになり、大量生産が可能になった。そして、植物を原料とする伝統的な藍染めは、壊滅的な打撃を被ることになります。
 では、伝統的な藍染めと人造藍のそれは何が違うのか?
 
 
 藍染めの液は、伝統の藍染めは堅木を燃やした木灰から取った「灰汁(あく)」を使って来た。しかし、木を燃やして灰を作ることも、それから灰汁を取ることも、手間がかかって面倒ですし、灰はそれほど沢山作れるわけではありません。
 それを化学的に分析すると、強アルカリ性だった。
 そこで、人造藍の藍染めでは、苛性ソーダや石灰を使い、強アルカリ性の溶液を作ります。これで、手間を省くことが出来た。
 
 藍染めは、酸化発色です。空気や水に含まれる酸素と結合して青くなる。ですから、染め液の中には酸素はありません。つまり、無酸素状態なのです。
 伝統的な藍染めは、醗酵という手法で時間を掛けて無酸素状態を作り出してきた。しかし、雑物の無いピュアなインディゴは醗酵しませんから、無酸素の液は作れません。
 
 酸化したものを元に戻すことを、還元作用だと言います。そこで化学は、還元剤というものを作り、簡単に無酸素状態の液体を作ることが出来るようになりました。
 
 苛性ソーダや石灰で作った強アルカリ性の溶液に、その還元剤を適量入れて無酸素状態の液体を作ることによって、簡単に藍染めの染め液が出来るようになったのです。

Photo_11                      (詳しくはこちらを参照
 
 この溶液は、藍の成分を持ったものなら、何でも染め液にすることが出来ます。石炭由来の合成藍でも、植物由来の生葉でも、乾燥葉でも、蒅(すくも)でも、沈殿藍でも、簡単に藍染めの染め液ができあがるのです。
 この建て方(藍染めの液を作ること)を、化学建てと呼びますが、今の藍染めの大凡がこの建て方です。
 化学建ての染め液に酸素が入って藍が溶け難くなってしまった場合、還元剤を加えて酸素を取れば良いし、アルカリ性の強弱も簡単に調整できますし、藍の色が無くなれば人造藍を足せば良い。
 大量生産が出来る理由が、お分かりだと思います。
 さて、剣道着は、そのほとんどが人造藍を使った化学建ての藍染めで作られています。それがなんなのだ!っというお話は、長くなりましたので次回といたします<(_ _)>
 
 
Photo_4 伝統の藍染めは、はじめ茶色で染め液から出てきます。茶味の濃淡は、染め液の年齢によります。写真の染め液は初老くらいかな。化学的に薬品を使った藍染めは、原料が何であれ、緑色です↓。

Photo_12

2018年6月 5日 (火)

藍染が存在する理由・意味などについて その1

 いつぞやNHKでインダス文明の史跡が紹介され、その中に藍染の工房があったそうで、なんと紀元前4500年も前だと云います。現存する藍染の布は、エジプトのミイラを包む麻布(マムミー布)で、紀元前2000年頃のもの。
 
 藍染が何故こんなに長い歴史を持つかといえば、人間が使い続けてきたからに他なりませんが、何故使い続けてきたかと云えば、人が生きる上で役に立っていたからでしょう。
 
  
 20年近くも前、私が修業をしていた父の工房に、大勢のお客様が見えられた。その中のご老人が訥々と以下のような話しを始められた。
 
 このご老人は、先の大戦で、インパール作戦に参加された。この作戦で帰ってきた日本兵は、一割から二割。戦死者数は七万を超えるという、無謀で悲惨な作戦でした。戦死者の大半は、病死や衰弱死だった。
 
 この方の部隊長が、戦地で全員に藍染の手拭いを配られ、「生水は飲むな。飲まなければならないときは、この手拭いで漉してから飲むように」と言われたそうです。結果、この部隊は唯一人の戦死者も出さずに帰ってこられた。
 
 「私が藍染の工房に来たのは、この話を伝えるためだ」と、このご老人は私におっしゃった。そして、「あなた達の仕事は、人の命を救うんだ。だから、この話を伝えて行って欲しい」とも。
 
 
 私の染めた藍染で、日傘を作っている職人がいます。それを日本橋三越本店で買い求めたお客様が次の日にまた入らして、「私の生涯で、これ程涼しい日傘に出会ったことがありません。母にもあげたいので、もっと良いのは無いかしら」と。その傘は綿だったので、絹を染めて日傘にして差し上げましたが、高価にはなった。
 藍染は紫外線を通さないと言います。だから砂漠の民は、藍染を頭から被り、ラクダを引いている。
 
 アリゾナの砂漠で半年暮らしている日本人が、帰国する度に私の藍染を買って下さる。どうしてか?と理由をお聞きしますと、「昼と夜の温度差が激しくて、何故か、お宅の藍染しか着られなくなっちゃった。快適です」と。
 
 
 名古屋の松坂屋本店で、90才になる完全な痴呆症の夫を抱えるご婦人が、「家(うち)の人は他のセーターを着せると『寒い寒い』っていうのに、あんたのところのセーターを着せると『暖かい暖かい』っていうの。不思議ね」とおっしゃった。何故か、涼しくて暖かいのが藍染です。
 
 
 古くから山陰では、赤ん坊が生まれると、母方の里から藍染の産着や湯上がりを送る風習があった。その名残りは今でもあるそうですが、藍染で赤ん坊をくるむことによって、肌荒れを防いだのでしょう。
 私が生まれた戦後直後も、着古した藍染の浴衣を潰しておしめにしていたのは、かぶれが無いからだと言われてきました。
 
 
 NHKが、父の工房から生放送したことがありました。勿論、全国放送です。その時、150年以上は経っている藍染の絣の野良着をお見せした。
 昔のものは洗濯板でごしごし洗ったでしょうから、絣の白いところは破れていますが、藍で染めたところは破れていない。何故破れないかといううと、藍染は、布や糸を丈夫にするからです。だから労働着に適しているわけで、野良着だしジーンズが藍染なのはそんな理由からでしょう。

Photo            栃木県足利市にあった父の工房で、染めた型染の反物を洗う父大川仁。
 
 
 藍で染めたジーンズは、ガラガラヘビ除けだと言われています。日本では手甲脚絆が藍染ですが、これはマムシ除けでもある。
 
 藍染の野良着の効用は、丈夫なだけではありません。汗疹にならない。だから、剣道着が藍染なのです。
 
 アトピー性皮膚炎の人が私の藍染を着ると、かゆみが和らぎ気持ちが良いとおっしゃるのは、肌を守るからなのでしょう。
 
 
 藍染は本来、こういう役割を持っていた。だからこそ、何千年という歴史を持つのだと私は考えています。
 
(つづく)

2018年5月25日 (金)

天然灰汁醗酵建て

 「父が百貨店で藍染を実演しながら紹介しだした35年ほど前、日本人のほとんどが藍染めを知りませんでした」と、10年くらい前、高松三越に出展していたとき、40代とおぼしき男性にそう申し上げると、気色ばって「それは都会の話しでしょう。地方には藍染があったはずです」と、反論されました。
 そういえば香川県は徳島県のお隣ですから、藍染があったと思われるのかもしれませんが、事実なのですから仕方ありません。徳島県のすくもの生産量の話などをしますと、御納得いただけたようです。

20180516_3      江戸時代から明治時代の徳島県の藍の生産量(資料:徳島県統計書)

20180516_2_2          昭和の徳島県の藍の生産量(調査:阿波藍生産振興協会)
 
 
 20年以上も前、徳島市の百貨店で藍染を展示販売したことがあります。驚いたことに、お客様のほとんどが藍染を知らなかった。藍師の一人は、「藍畑で仕事をしていると、子どもたちが『おじさんなにやってるの?』と聞くから、『藍を育てているんだよ』と答えると、『へえ、藍っていうんだ』と、誰も藍を知らない」と嘆いていらっしゃいました。そんな程度でした。
 
 
 戦後、徳島県には藍染が無かったと、栃木県繊維工業試験場の小此木照明技師が語っています。
 
 群馬県と栃木県は、日本一の繊維の産地でした。桐生市にある群馬大学工学部に染色科などの繊維関係の学科があったのはその為です。ですから、お隣の栃木県では、西の端の足利市に、栃木県繊維工業試験場がありました。
 
 終戦直後、群馬大学工学部を卒業し、試験場に入った小此木照明技師は、場長に「徳島に行って藍染を調べて来るように」といわれて派遣されました。栃木県小山市の結城紬の保存の為です。しかし、徳島県内を調べても調べても藍染はなく、藍建ての方法もわからなかった。疲れ果てて関東に帰って来て、藍染めにようやく出うことが出来た。藍染は、地元の関東に残ってたのです(ちなみに小此木さんを徳島に派遣した場長は、私の祖父大川英三です)。
 
 そんな徳島県ですが、実は映像と書物に、戦後の徳島の藍建ての記録が残されています。
 
 映像は、1961~69年ごろの日本の染め織りの技術を記録した伊勢丹・三越で販売されている「日本の染と織り」DVD
 
M0000000162_3
 
 本は、昭和52年(1977)に発行された泰流社の「正藍染」です。
 
Photo
 双方に、全く同じ方法が紹介されています。
 
●蒅の溶解
 《たとえば、徳島県の例では鉄製の蒅溶解釜を用い、水と苛性ソーダを加えて蒅を煮て、蒅の粒状を溶解させ、泥状のものにします。徳島県工業試験場技師・米川孝宏氏の報告によると、その釜の容量は二百リットルで、水を約百リットル、蒅一・五俵(約八十五キロ)、苛性ソーダ一・五キロ入れ、攪拌しながら九十度以上で約一時間煮る、ということです》(p165)。
 
●蒅の仕込み
 《徳島県で行われている方法によると、あらかじめ藍甕(一石五斗=約二百七十リットル入りのもの)に苛性ソーダを入れておきます。そこに水を半分くらいまで入れ、泥状に溶解したすくもを四個の藍甕に等分に仕込み、これをもう一度行うということです。》(p165~p166)。
 
 伊勢丹のDVDには、鉄製の蒅溶解釜からすくもを別の容器に移し、それを天秤棒で担いで藍甕に移す作業風景が映し出され、書物の記述そのままのナレーションが流れています。
 
 これが、戦後の徳島県で行われていた藍建て方法です。
 
 ところが突然のように、徳島県から「天然灰汁醗酵建て」という言葉が藍染の世界に現れてきました。江戸時代から徳島県に続いている方法だと。しかし、徳島県に続いていた藍建は、上記したようなもので、天然も灰汁も醗酵もありません(私の知る限り、どんな文献にもその言葉は出てきません)。
 
 天然灰汁醗酵建てでなければ本物ではない!、といわれた時期もあります。その言葉が無い時代から藍染をしている我々はどうなんだろうかとは思った(今でも1%くらいだといわれているようです)。
 その中には、友人の国指定重要無形文化財技術保持者会会員の藍染(もちろん、本物です)も入っていないし、藍染の世界でただ一人の人間国宝である千葉あやのさんの藍染めも入っていない(それを文化庁では「正藍染」としています)。
 
 最近、この言葉が定着してきて、だれもが一般名詞のように「天然灰汁醗酵建て」とお使いになる。私の藍建ても、天然灰汁醗酵建てと言われるようになった。調べてみると、私たちの「本建て」とはずいぶん違いますから、私は「天然灰汁醗酵建て」とは言いません。「本建て」と言っています。
 
 
 我々正藍染の世界は、「偽物」と云われる筋合いはありませんから我が道を行きますが、日本の藍染の本場が徳島県になったり(本場はありません)して、藍染が妙な世界に入っているという印象はぬぐえません。

2018年5月22日 (火)

もっとも人間らしい行為

 「意味への意思」を持つことが、最も人間らしいことである。何を考え、何を行動するにも、意味・意義を考える。それでこそ人間である。生活・行動に意味・意義を感ずれば感ずるほど、感激し、感激を持つことが、その意味・意義を得ることの一番真剣で、情熱的な事である。
 
安岡正篤
 
 
 
 藍染めするにも意味・意義を考えること。私の長年の主張です。意味・意義の無いものは、人間らしいものでは無いと。

2018年5月21日 (月)

「藍染」その偽物と本物という問題と現状

 全国の百貨店を回っておりますと、時折、藍染をなさっている方に出会います。その中には、生葉染めをなさっている方もいらして、いつぞやは、「私は本物の藍染をやっているの。ちゃんと生葉で染めています」とおっしゃった。それで、どうしたら退色しないように出来るかを、専門家の私に聞きにいらしたのです。
 そういう方々は、染色の教室やカルチャーセンターで藍染を習ってくるらしい。それはそれで、楽しみ方の一つなんでしょうけれど、私たちの伝統文化としての藍染と同じに考えてしまうと間違えると、私は考えています。
 
 伝統文化というのは、人間の知恵の継承であり、その中には様々な意味が含まれています。生葉をミキサーでなにかした染めには、その知恵はないし、もっと言えば、苛性ソーダを使い、ハイドロなどの還元剤で建てた藍も同じ事です。さらには、インディゴ・ピュアー(人造藍)を藍甕に加える割り建てなども、我々伝統工芸の世界とは全く縁がありません。
 しかし、残念ながら世界中のほとんどの藍染が、そういうものとなって久しいことなのです。
 
 では、ハイドロ建てや割り建てで染めた藍染は偽物かといえば、けっしてそうは言えません。
 
 正藍染の私の染め液も、コールタールから抽出した合成藍を苛性ソーダと還元剤で建てた染め液も、化学的に分析すると、同じ式で表されます。だから、「合成藍は、天然藍と全く同じ物質だ」と、化学者は云いますし、化学的にはその通りなのでしょう。
 
 染め液を作る方法についても、私たち伝統の世界では、灰の灰汁を使って醗酵させるわけですが、「醗酵とは、微生物による物質の変化を伴う現象で、物質の変化とは化学変化(反応)であり、藍はアルカリ性の液で、発酵か還元作用によって可溶性の物質に変化するのだから、現代は、醗酵の代りに還元剤を使い、人造藍の発見により、簡単に藍染めが出来るようになった」と、これまた化学反応式を持ち出して化学者は説明する。ですから化学的には、合成藍も化学建ても、同じ藍染であって偽物ではありません。
 では、これらは正藍染と何が違うかと云えば、色と性質と本質(意味・存在理由)が違います。つまり、結果が違うのです。私が化学藍は偽物ではないが、正藍染めとは似て非なる物という理由はそこにあるのです(このお話は別の機会に致します)。
 
 この問題は植物から色を取る染め、所謂「草木染め」にも及んでいる。つまり、媒染剤の問題です。
 
 古来のそれは、灰の灰汁で色を出していた。今は、灰がありませんから、それを金属でまかなっている。金属は分解しませんから、河川を汚す。
 原料は自然の物かも知れませんが、現在の植物をつかった染めも藍染めも、その工程に問題があるのです。
 
  
 日本の植物を使った代表的な染めに、黄八丈があります。黄八丈の特徴は、島の中で原料から仕上がりまで、全てまかなうことが出来るところにあります。
 染めの原料は、イネ科の一年草のコブナクサ(刈安 カリヤス)を乾燥したものを使います。 これを束にして朝から晩まで煎じるのです。

 こうして得られた煎汁を「フシ」と呼び、この煎汁に漬け込んで染めることを「フシヅケ」と呼びます。淡い煎汁に回数を多くつけた方が渋みがのり、染め上がりが美しいと云われています。
 
 一綛(わな)づつ糸を軽くねじり、染め桶の中に一列に並べ、熱い煎汁を平均にかけ、よく染みわたらせます。
 糸の量が多ければ、さらに積み重ね、糸が浸る程度に煎汁をかけ、上部を布で覆い、糸が直接空気に触れないようにして、そのまま翌日まで漬け込みます。
 
 翌朝取り出した糸は、よく絞って屋外の干場で竿にかけて夕方まで乾燥させます。乾燥中は幾度もたたき、糸が一本一本ほくれるようにします。
 夕方、完全に乾燥したら、前日と同じ方法で新しい煎汁に漬け込みます。乾燥が不十分だと、糸に染めむらができるので、雨や曇りの日はいけません。
 
 このような「煎汁づけ」を、15回から20回繰り返したあと、灰汁づけ(アクヅケ)を行い、黄色に染まるのです。
 灰汁づけに使用する灰は、ツバキとヒサカキ(八丈島ではサカキという)の焼き葉です。小枝のまま切り混ぜて燃焼すると、白く美しい極めてこまかい粒子の灰ができます。
 この灰を、湿気を吸収しないように貯蔵して置きます。
 灰汁はかめに灰を入れ、水を張って、1週間以上静置したときにできる上澄みを手桶にすくい取っておきます。
 
 次にそれをたらいのようなものに少量ずつ移し、糸に手早くしみこませます。すると、糸にしみこんだ煎汁が、灰汁の力で鮮やかな黄色を発色するのです。この灰汁づけは一回だけ。黄色の良し悪しは、このたった一回の灰汁づけによって決まるといいます。
 灰汁づけが終わった糸は、しばらくそのまま寝かせてから、強く絞って天日で乾燥させます。
 
 如何でしょうか。大変手間が掛かるものですが、植物から染料を取る染めは、すべからくこうあるべきだと、勘が私に語りかけて来てはいましたが、この黄八丈の染め方を知り、実に納得しました。
 
 草木染めは染色堅牢度が弱いから、着物や帯びに向かないという人がいますが、それは、今時の草木染めの事なのでしょう。
 染め物は、直ぐに色が褪せるようでは、人は着ることもしないし使いもしません。色が汚ければ尚更です。だからこそ、作り手は工夫し、それが知恵として伝わってきた。
 
 最近は、「私もカリヤス(黄八丈の原料)で染めているの」という人がいると聞きます。それはそれですが、伝統と人間の知恵が生かされてきた色と、媒染剤を使って簡単に染めた色の区別が、今の人達には出来ないのです。
 
 藍染めも、同じ「すくも」を使ってはいても、灰汁で醗酵させたものと、苛性ソーダや石灰やソーダ灰を使って発酵させたものとでは、色も染色堅牢度も違うし、ましてやハイドロなどの還元剤で建てれば尚更ですし、原料が違えばさらに尚更です。

2012年8月5日

«pH・アルカリと還元