フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« ウールの藍染 | トップページ | ラーメン »

2006年11月26日 (日)

ミルフィーユと二宮尊徳とフルーティスト

今の仕事場の目の前に、ウエッジウッドのクックウエアーの売場があります。

そこで、その調理器具を使った、料理のデモンストレーションのビデオが流れている。

コルドンブルーの料理学校の先生が作るそれが好きで、毎日見ているのですが、その中で、デザートのミルフィーユを作っている。

頭にこびりついて、ついに本日、デパ地下に行って、マキシムのミルフィーユを買ってきてしまいました。

太るかな?

 

さて、この二日、珍しいというか、懐かしい人から電話とメールが来ました。

一人は長澤さんという方。

一円塾の塾長。

二宮尊徳の報徳思想を広めようと、一生をかけていらっしゃる。

一時は毎週東京の事務所に伺って、会議をしておりました。

「僕は先が長くないのだから、後をつげ」などといわれておりましたが、そうもいかず、今に至る訳です。

 

水曜日に桐生にいらっしゃるとか。

私も朝早くに浜松を出て、お会いするつもりです。

現参議院議員の前栃木県知事も、彼の教えを受けた。

彼の公約は「分度推譲立県」というもの。

分度・推譲とは何かを、飲み会で担当者達に語りましたが、これも後ほど。
 

もう一人は、日本を代表するフルーティスト。

ちょっとライブの相談メールでしたが、協力することにしました。

ダンサーの我が娘も、一緒に遊んだ仲ですが、それにしても久しぶりで、メールでの話も随分弾みました。

奇遇な事も沢山あり、深い縁を感じております。

でも、彼女は変わらないな。

もう、変わる必要がないのだろうな。

 

そんな話も、折々出来たら良いなと思います。

« ウールの藍染 | トップページ | ラーメン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミルフィーユと二宮尊徳とフルーティスト:

« ウールの藍染 | トップページ | ラーメン »