フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 棟方志功 | トップページ | 卸し金 »

2007年2月15日 (木)

京都通信

 昨晩遅くに京都に入りました。

 駅からタクシーでホテルまで行くと、あれ?仕事場から遠くなって行く、っと思ったら、初めてのホテルを取ってしまって、しかも大丸から遠い!困ったけれど仕方ない。何せ安かったのと、日程を間違えて予約し、迷惑を掛けたので、一週間お世話になることにしました。
 朝は早かったのでタクシーで出勤。安いホテルに泊まっても、こんな事をしていては元も子もありません。ですから。疲れ果ててはいましたが、帰りはテクシー、って古いかな?

 京都は昔、親父殿の牙城でありました。

 朝、百貨店がオープンすると、大勢のお客様が走って来る。どこに行くのだろうと思うと我が売場。まるでバーゲン会場の如く、お客様が商品を抱えて離さない。皆様親父殿のファンで、あんな事は二度と無いでしょうね。さすがの小森さんも驚いていたな。 
 私はそれ程のこともないが、バカにしたほどのこともない。そこそこにお商売させていただいております。

 帰り路に、お気に入りの洋食屋さんがありまして、そこでハンバーグとポークソテーとクリームコロッケの定食をいただいて帰って参りました。

 まるで日記のようになりました。

 因みに、ホテルはビジネスホテルだがシティーホテルのようでもあるというところ。本当はそれ程安くはないが、ネット値段ですので、部屋もそこそこ、広くて快適です。お仕事も、良い職人達が集まっていて、楽しい催物になっていますね。明日からはまた、職人の紹介をしたいと思っていますが・・・

« 棟方志功 | トップページ | 卸し金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都通信:

« 棟方志功 | トップページ | 卸し金 »