フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 京都通信vol.3 | トップページ | 刳物 »

2007年2月18日 (日)

ストローハット

岡山の帽子屋の石田昌司(まさし)君

Photo_64四人兄弟の末っ子で新婚さん。

兄弟全員で帽子を作っている。

その中でも自他共に認める第一人者は、この末っ子の昌司君です。

若き名人。

 

石田製帽という会社を私に紹介したのは武田刃物で、あいつは同じ岡山県人として、石田達を弟のように思っているらしい。

ちょいと事情があって仕事を沢山しなくてはならない。

そこで、大川さん何とかしろってなことでしょう。

 

最初に出展した職人展が、宇都宮東武百貨店。

成績は目も当てられないくらいでしたが、そこから彼らの精進が始まった。

製品を見直し、営業に励み、展示方法を変え、売り方も変化し、気がづいたら他の追随を許さない程になって来ています。

特に大きな変化は、日本橋三越本店に出展したこと。

信じられないほど高単価なものが売れることに気づいた。

そこから彼らの作る製品の質が大きく変わりました。

 

ある程度売れるようになって、最初に惨敗した宇都宮で、復讐戦をやりたいと言い出した。

そこで何年かぶりに出展してみたら、やはりそれ相応の成績を上げましたから、努力は無駄ではありませんでしたね。

 

ところで昌司君は、売場でも一日中ミシンを踏んでいます。

岩渕さんや田中さんと同じで、お仕事をしているのです。

彼の踏むミシンの音は実に柔らかく、手つきも素晴らしくなめらかで美しい。

「君は違うね」といえば、「そりゃーそうですよ」とあっけらかんと答えます。

 

彼の評価は、本当は日本よりもヨーロッパで高いそうな。

様々な国から招待されているらしいのですが、行ったのはただ一度のフランスだけ。

後はみな断わっているらしい。

理由は簡単で、飛行機に揺られ、たばこが吸えない十数時間が耐えられないのです。

 

Photo_65そんな彼でも、何故か結婚できた。 

その奇特な奥様と、彼の作品群です。

奥様はここの人(本当は滋賀)。

百貨店に出展していたときの担当だったそうで、昌司君もなかなか隅に置けません。

  

ブログに書くよと言ったら、側にいた奥様にこの野郎は臆面もなく、「ねぇ、ニャーニャー、大川さんがブログに書くって」とぬかしやがった。

「ニャーニャーだとぉ!」と私が怒ると、今度はそのニャーニャーが、「この人を何と呼んでいるか知ってます?」と言ってから、ちょっと間をおいて、「マーシー」だってさ。

 

新婚にはかないません。

« 京都通信vol.3 | トップページ | 刳物 »

職人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストローハット:

« 京都通信vol.3 | トップページ | 刳物 »