紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 鬼の霍乱 | トップページ | 教育としての手仕事 »

2007年2月 9日 (金)

様々な藍染め

午前中、ちょいと自重して家におりまして、午後活動いたしました。

その時間を利用して、インターネットで「藍染め」を楽しんでみた。

分ったことは、日本中で様々に藍染めがなされていることです。

そして、色々な事が書かれてあって、非常に興味深く拝見拝読させていただきました。

 

中には知った顔もありましたね。

その方の藍染めは、ある問屋さんが一手に引き受けている。

もちろん、尊敬している染め屋さんです。

 

いつぞや親父殿の工房に、偉そうな二人組がやってきた。

私が庭に出て、「何のご用でしょうか?」とお訪ねすると、鼻を上にあげながら名詞を差し出されて、「藍染めを扱っています」とおっしゃる。それが、上記の問屋さんでした。

「当社は天然灰汁醗酵建ての藍染めしか扱っておりません」と宣うその方を、わざわざいらしたのですから、工房から展示室まで全てお見せした。

最後にお茶を差し上げると、「お取引願いたいのですが」と言いだした。

「正藍染めは、着物などの高級品ばかりで、私どものような普段着はありませんからね。」と私が言うと、「その通りです」とおっしゃる。

「残念ながら、私どもは卸しは出来ません」と、きっぱりとお断りさせていただいた。

 

そんなことを思い出しながら、楽しませていただき、紺邑の藍染めは「我が道を行く」だと、カミサンと二人、再確認させていただきましたね。

無駄な時間はありませんや。

2007_0209 工房の工事も、着々と進んで下ります。

そろそろ、外観が見えるようになるかもしれませんし、上棟式も出来そうです。

« 鬼の霍乱 | トップページ | 教育としての手仕事 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/13846792

この記事へのトラックバック一覧です: 様々な藍染め:

« 鬼の霍乱 | トップページ | 教育としての手仕事 »