紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 棟方志功 | トップページ | 京都通信 »

2007年2月14日 (水)

藍建てと旅立ち

 本日京都に発ちます。到着は夜遅くになるでしょう。久々の催事ですが、如何なりますやら。
 今日も今日とて、様々なことがあった。社長としての大役も取り合えず果たし、心おきなく旅に出られます。

 思い起こしますと、昨年の今頃の体調は最悪でした。京都の夜を楽しむ元気もなく、久々の友にも逢う気にもならず、必死に一日一日を過ごした記憶があります。元を質すと、日本橋三越で風邪を引いてしまったことと、催事に出過ぎた事によるもの。それに比べれば、今回は元気です。

 昨日の事ですが、藍の最終の仕込み。
2007_02132132
右側は既に使用中ですが、左側はすくもを灰汁で錬って寝かせ、また灰汁と貝灰を足して8日間寝かせたもの。
昨日はこれに、黒砂糖を入れる日でありました。

真ん中のステンレスが左側に曲がっていますね。
液の圧力は大変なものです。

2007_0213213_2 ラーメンのスープを作る寸胴の一番大きな奴に灰汁を入れ、黒砂糖を足し、その上からまた灰汁を足したところ。

とろとろになるまで煮込みます。

2007_02132134
灰汁に溶かした黒砂糖を、優しく入れてやる。
しばらく置いてから、貝灰と灰汁をまた足して、撹拌という作業が待っているわけです。

 これが仕込んでから八日目ですが、藍が完全に建つまでに、多分あと一週間かかるでしょうね。
 暖かいとは言え、冬は冬です。

« 棟方志功 | トップページ | 京都通信 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/13906475

この記事へのトラックバック一覧です: 藍建てと旅立ち:

» 京都日帰り温泉 [京都日帰り温泉情報]
京都日帰り温泉のご紹介です [続きを読む]

« 棟方志功 | トップページ | 京都通信 »