紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 池袋 | トップページ | 樽 »

2007年2月21日 (水)

月見草の染め

本日は池袋三越の2日目。私としては初日。

2月のこの時期はいつも、沖縄におりました。
今年は工房の建築という大問題がありますから、余り遠くへは行けません。
「いざ鎌倉」と言うことがあれば、直ぐに戻れるところにいたい。
そこで、池袋を選ばせていただいた。

20070221 池袋は、御覧のようにたっぷりと商品があります。
紺邑始って以来でしょう。
ほれぼれとしますが、これを少しでも減らす努力は必要ですね。

お隣の方には、初めてお会いしました。
私が佐野だと知ると、桐生の出身だと。
私が小俣だというと、親戚がいると。
それが肉屋だと言うから、「玉子屋」ですかといえば、「そうそう玉子屋!母の従姉妹か何かで、そこのトンカツをよく食べた」というから、私の食べたトンカツと同じ物だと。
そんな話で盛り上がりました。

実演用の藍瓶も京都から届き、そのセッティングをしていると、そのお隣がよってきて藍について質問をする。
灰汁の話をすると、「媒染剤としてですか?」と聞くから、醗酵についてお話をさせていただいた。
ところがこの方は、その後も灰汁を媒染と間違える。
どうしてだろうと思ったら、お知り合いに、月見草の染めをなさっている方がいて、また彼の師匠の様な方なのだそうです。

その方は月見草の染めを、いわゆる鉄媒染でなさっているという。
私が藁灰の灰汁の話をすると、我が意を得たらしく、「それです。藁灰の灰汁です。」と。
その後、そのお師匠さんの話を伺えば伺うほど、こだわりが伝わってくる。
その方は藍染めだけはなさらないということでしたが、これも良く分る話で、一つのことに一生懸命になると、二つ目に行くエネルギーはありませんし、ましてや草木染めとは縁のない藍染めだ。
実にさわやかな気分にならせていただきましたし、こんな事は久々です。

実は、ちょっと気の重くなる話もあったのですが、吹き飛ばしてくれましたね。
良き出会いに、感謝です。

本日は、家に帰ってきております。
池袋は通いが可能なのです。
上記の話をカミサンにしましたら、「会ってみたいね」という。
全くその通りです。

« 池袋 | トップページ | 樽 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/14000526

この記事へのトラックバック一覧です: 月見草の染め:

« 池袋 | トップページ | 樽 »