フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 刳物 | トップページ | 池袋 »

2007年2月19日 (月)

京都通信vol.4

今日の京都は暑いくらいでしたね。
私の売場の隣にいる奴は、京都生まれの京都育ちですが、50年生きてきて、こういう暖かな冬は初めてだそうです。

朝出勤しますと、私は、会場を廻って皆さんに挨拶するところから一日が始る。
ある人は「えらいね」というが、私にとってはただの習慣です。
ただし、挨拶できる自分の今には、感謝している。
誰にって?誰にでしょうか。

帽子屋の奥様に会って、「ブログに書いておいたよ」と言ったら、「(亭主が)読まはって、爆笑してはりました」とのこと。
一安心。

お店が店卸しで、六時半閉場。
早速、例の洋食屋さんへ。
サラダがあることが分ったので、そいつとビールを頼む。
私はビールのつぎ方にこだわっているから、ペースが遅くなる。
今日はハンバーグステーキ定食のつもりだったが、お隣が先日のハンバーグとポークソテーとクリームコロッケの定食を頼んだから、つられて私もそれを頼んじゃった。

ビールの進み具合とサラダの減りと、料理の出来上がりがまことにタイミングが良く、食べる方と作り手の意気が合ってきた感じがする。
帰りしなお勘定をすると、お店の女性と料理人が、「ご出張ですか。いつもありがとうございます。」と話しかけてきた。
ほほう!気にかけてくださっていたのだな。
なるほど、気が合ってきたわけだと納得。
益々好きになりましたね。

« 刳物 | トップページ | 池袋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都通信vol.4:

« 刳物 | トップページ | 池袋 »