紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 浅黄(あさぎ)か浅葱(あさぎ)か | トップページ | 浅葱(あさぎ) 再び »

2007年3月22日 (木)

お彼岸

暖かな一日でしたが、本格的な春となるのでしょうか。

お彼岸だからか、懐かしい人に沢山会いました。

カラーコーディネーターとして私の先生である阿部さんは、和尚に私の存在を聞いて、紺邑創設以来、初めて工房にいらした。
彼女のオフィスで、私は様々な出会いと教えを受けました。
ちょいとお仕事の話でいらしたのですが、実は祖父から三代のお付き合いですから、何はなくとも、ご協力をお約束しました。
新しい工房のオープニングにも来てくださるとのこと。
お顔の広い方だから、沢山著名なお客様をお連れくださるらしい。

高校の一年後輩の犬飼君は、奥様のみどりちゃんを連れてきた。
秀才で、日本最大の企業で活躍。
毎月海外に出張する忙しい日々を、未だに送っているらしい。
二人とも我が次女の大学の先輩になるのだが、彼らの時の入試の難しさは、今の比較にならないな。
今テレビに出てきた、外務省の佐○江さんと同級。
扱うのは半導体。
その分野の世界的な人も、実は我がふるさとに連れてきている。
地元の経済界の連中に話したら大騒ぎだったろうけれど、二年続けて、一緒に花火を見て楽しんで帰って行きました。
みどりちゃんはダンスを習っていると言うから、なんだと思えば、やはりバレーだった。
さすがにヒップホップやジャズダンスは似合わないものな。

高校の同級生のM君は、さる銀行に勤めていたが、事情があって早期退社。
色々苦労をしたらしいが、その苦労なんか、私にしてみれば「天国のようなものだ」と言ったら、目が点になった男。
今日も今日とて、自分が天国にいることを自覚したと思う。

まだまだあるが、それにしてもお彼岸とは不思議なものですね。

仕事が終わって家に帰る道すがら、カミサンが「お酒がもうないよ!」という。
一升瓶が二日でなくなる。
仕方なく、旧知の、ここにしか売っていない新潟の酒を買いに行きました。
もちろん高い酒ではないが、飲み慣れた酒。

今気がついたら、半分なくなっています。
二日でなくなるわけだ。

« 浅黄(あさぎ)か浅葱(あさぎ)か | トップページ | 浅葱(あさぎ) 再び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/14351601

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸:

» 二宮沙樹 [二宮沙樹]
二宮沙樹☆特集 [続きを読む]

« 浅黄(あさぎ)か浅葱(あさぎ)か | トップページ | 浅葱(あさぎ) 再び »