紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« ジョージの店 | トップページ | 藍染めの洗濯方法 »

2007年3月26日 (月)

紺邑の姿勢

本日、川越の方からお問い合わせを頂きました。

日本橋三越の江戸展かなにかで、出展者の着ていた藍染めが気に入られて、お調べになったらしい。

「職人が着ていたものの長袖が作れるか?」という事でしたが、もちろん作れる。

着ていたのが前川印伝の兄貴だから、色もデザインも明確に分かりますからね。

 

「そういう既製服があるのか?」ともお聞きになりましたので、ここで、我が紺邑の物作りの姿勢についてお話ししたいと思います。
 

基本的に、紺邑は染め屋です。

主に布を染め、デザインし、それを仕立て・縫製し、製品化しております。

ですから、全てオリジナルの商品です。
 

すでに製品化されている物を染めて商品にしているのは、半袖のスポーツTシャツと靴下とスカーフ・ストールの一部だけです。
 
そのほかのTシャツは、デザインしたオリジナルの物ですが、ニットの布を染めると、端が丸まり、実に効率が悪くなり、商品化してもすごく高い物になってしまうので、Tシャツにしてから染めています。
 
靴下なども、同じような理由ですね。
 

布を染めるのも限度がありまして、広幅のもので6メートル50センチが限界。

藍の調子が良ければ、一日4枚染めます。

しかし、一日で染まるとは限りません。

今日染め上がった布は、丸々5日掛かりました。

それで出来るのは、作務衣の上着とシャツ一枚です。

 

紺邑は、色を追求しておりますから、染めに関しては、決して外注が出来ません。
 
全て、我が工房で染めたものです。

 

染めにこだわっているのに、縫製や仕立てがいい加減では、染めている我々も、お召しになる方々も気の毒ですから、精一杯高品質な物を目指しております。

幸いこの両毛地区は繊維の日本一の産地ですから、人材に困りません。

デザインも素材も然り。

 

紺邑は染め屋ですから、布は織りませんが、選ぶことは出来る。
 
幸い両毛は機業地ですから、わずかに機屋も残っているから、布もオリジナルを織ることが出来ます。

つまり、布選びから色・デザイン・縫製まで、オリジナルの藍染め商品が出来るという事です。
 
Tシャツでさえ、自分だけの物を持っているお客様がいらっしゃいます。

 

ご注文頂いてからできあがるまで、現状は約二ヶ月頂いているのは、以上のような事の積み重ねであるためで、これで精一杯。
 
お客様の事情で、期間を早くする時は、何かが犠牲になっているのです。

 

効率と生産能力が増せば、質も向上出来るはずだし、その姿勢が、新しい工房として形になって現れていると、考えております。
 
自分自身の今後が、楽しみなのです。

« ジョージの店 | トップページ | 藍染めの洗濯方法 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/14415523

この記事へのトラックバック一覧です: 紺邑の姿勢:

» ラウンジリザードシャツ [ラウンジリザード 激安ナビ]
ラウンジリザードのデニムやレザーパンツやブーツやメンズに人気のジャケットやシャツやtシャツにブルゾンや2007新作ダウンやカットソーやコートなどの通販もあるラウンジリザード ナビブログ [続きを読む]

» マウジーの通販に大ハマリ! [日々良好]
私が最近ハマっているものは、通販なんだ!子供が生まれてからロクに買い物にも行けなくなってしまった( ̄3 ̄)買い物に行ったとしても子供が気になって、じっくり見れないし。しかも、気付くと必ず子供服売り場にいるし(^^;)自分の物は後回しになっちゃう... [続きを読む]

» シャツは着飾るためのものではない [モテ髪 メンズヘアカタログ]
シャツは着飾るためのものではない。すべてを脱ぎ去る前の最後の装いである。最後の瞬間に美しく煌き、その次の刹那を期待させる存在であるべきだ。だが、大きく胸をはだけるだけで「セクシーなシャツ」が成立するという誤解は、あまりに安易だ。シャツでエロスを語るに...... [続きを読む]

« ジョージの店 | トップページ | 藍染めの洗濯方法 »