紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« おぼろ月夜 | トップページ | 久々 »

2007年4月 2日 (月)

二藍(ふたあい)

今日は寒い日でした。
夕方、荷物を出そうとしたら、雨が降りそうな気配。
それが六時ころまでもってくれて、助かりました。

さて、表題の二藍とは・・・

実は、縹色(はなだいろ)について書こうと思ったのですが、書こうとする内容が複雑すぎて、ちょっと疲れた体と頭に合わず、止めました。
これについてはいつか。

さて二藍(ふたあい)とは・・・
その昔、「藍」という言葉は染めの総称(惣名)でもあったらしい。
守貞満稿(もりさだまんこう)という、江戸時代の百科事典の第19巻は、織物と染物の巻で、なんて書いたところで、私だってそんなに分かっているわけではないので、ま、そんな資料によると、そうらしい。

彼の時代の紅花は、中国の呉から輸入された。
だからこれを、呉藍といったのですね。
これを「くれあい」と読んだ。
これがなまって、「紅(くれない)」という言葉が出来るわけです。

お客様に時折、「紅(あか)い藍ってどういう事ですか?」と質問されることがあるのですが、多分、紅(呉藍(くれあい))の事ではないかと、そう答えております。

藍は青い色でもありますから、藍染めの青と紅(呉藍)の二つを染め重ねた色を、二藍と言うのですね。

その色調は、各々の色の強さ、深さで変化するわけで、これを平安時代は、役人の位によって分けたらしいことが、源氏物語や枕草子などにでてくる。
この二藍が、位が上がり、より年長になると、着る色が「縹」に変わるのですね。

しかし、より古い律令時代になると、これがまた違ってくる。
複雑になってしまったのが、ご理解いただけたかと思う。

« おぼろ月夜 | トップページ | 久々 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/14496558

この記事へのトラックバック一覧です: 二藍(ふたあい):

« おぼろ月夜 | トップページ | 久々 »