フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 相模原外伝 | トップページ | 相模原外伝2 »

2007年5月26日 (土)

美味

また今日も歯が痛い。
それも、今度は左上の奥歯。
だから、食事は一口もしていない。
情けない。

高江さんのブログを見ると、旨そうなカレーが出てきた。
夕方カミサンが帰ってきて、「うどん食べる?」と聞くが、「止めておくよ」と、今我慢をしております。

そんなことになって、今、美味と言うことに思いを馳せています。

「味覚は記憶なり」と言ったのは誰だったか忘れましたが、美味しい物を探すのは、またそう感じるのは、子供の頃食べた物の記憶をたどっているのだとか。
食育などと言われますが、それが豊かな感受性を育むからなのかもしれません。

大切なのは、出汁と素材かなと思う。

我が家は忙しいけれど、せめて鰹節は自分で削っているし(カミサンが)、朝からそれでおみそ汁を作るし、そういう努力はしている(らしい)。

私の子供の頃は、畑で取った新鮮な野菜を、当たり前のように食べていたし、鶏なんぞは家の庭にいたし、卵だって鶏小屋の新鮮な物だった。
突然鶏肉が食べられなくなったのは、ブロイラーが出回ってからですね。

最近は朝昼コンビニ弁当で夜はスーパーのお総菜では、やはり荒れた子も育つのではないでしょうかね。

「三代の富貴は美味を知る」という言葉があるそうですが、これもやはり、記憶かもしれません。初代は田舎ものの成り上がりで、2代目はその事業を継いだ教養人で、その子くらいになって本当の美味が分かるということらしい。

だから、美味探求はお金がかかる。
邱永漢は、「美味にありつく最も確実な方法は、そのために万金を惜しまないことである」と書いていますね。

私は若い頃から色々な物を食べてきたけれど、実は、これで欲が無くなった。
お金がかかることは、それも万金を惜しまないことなど、出来ようがありませんからね。

お金が出来たらどうするかって?
そりゃー、美味探求をいたします。

« 相模原外伝 | トップページ | 相模原外伝2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 歯の痛い栗鼠ってのは本当に笑えますね。
何しろ、歯の痛みってのは苦虫噛み潰した当人以外には他人事ですからね。

 「美味は今日の夕食なり」ってのが良いですね。
「美味は記憶なり」って言うと、つい先ごろの末広町亀鮨の閉店が胸に突き刺さります。
「まだまだ修行
  包丁置くのが口惜しい
   奥の奥ある
    味の道」
亀鮨店主鈴木誠一老の へたくそな句が閉店の挨拶状に添えられていました。
昭和は遠くなりにけり。
昭和の名店「魚鉄」の閉店に続き、魚鉄の孫まで店をしめるかや。
 私なんかよりずっと年寄りの紺屋さんなんかはこんな記憶も沢山抱えている事でしょう。

 息している間は美味しい物を食べたいから、来週の水曜日に奥歯2本のインプラント手術をしますよ。

 

 なじみの寿司屋が閉めるのは辛いね。また見つけるのが大変だ。銀座の某店じゃぁ、ちょいと立場が許さないだろうし、なりたくもないか!?
 なじみというのは、舌もなじんでいると言うことだからな。

 かわいそうな鍛冶屋だこと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味:

» アネキャンブログ! [アネキャンブログ!]
雑誌アネキャン,anecanの情報 [続きを読む]

« 相模原外伝 | トップページ | 相模原外伝2 »