フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 上六通信vol.7 | トップページ | 春の閑馬 »

2007年5月 3日 (木)

帰宅

 上六の最終日、元担当が来て、久々に現担当と三人でお茶を飲みました。私の三月三十一日の出来事の話になり、「私をさんざんいじめた報いだ」などとほざいておりましたが、ま、言われても仕方ない面も無きにしもあらず。

 最近私の話になると、「大川さんの話はもういいよ」と言われるそうな。そう言っておる奴も思いつかないわけではないが、それも仕方ないとも思う。私はうるさいですからね。だから、そういう奴には、何事もうるさくしないことにします。

 久々に帰って参りまして、慣れた布団に横になりましたら、寝に寝まして、その後三女が帰ってきたので、ちょいとドライブし、夕方帰ってきてから昼寝になり、これまたぐっすり!久々の寝不足解消です。

 その三女は昨日、東京で高校の同窓会をやって酒を飲んだそうな。その量を聞いて、飲んべえだと私は思う、まだ十代の一番下を除いて姉妹皆そうだ。これは母親の血だな。

 朝起きてメールチェックをいたしましたら、珍しく道楽者さんから入っている。開けてみれば看板の写真。今度は現物を拝見できそうで楽しみです。久々にメール交換となりました。
 「世に偶然はない」とは、我が師匠の弁。道楽者さんは「偶然という必然」という。これも何かがあるはずで、ありがたいことです。

 今メールが入りまして、次女がこれから帰ってくるらしい。他人に言わせると、我が子達は皆変わっていると言うが、親から見るとこの次女が一番の変人。
 高校の頃から古文を現代文のように読みながらケタケタ笑い、パソコンのキーボードのキーを紙に空で書けるし、天皇を神武から昭和まで全部覚えていて、神社に行くと、その解説を読んで我々に謂れを説明し出す。見た目は一番女らしいのですが、心はバンカラだ。

 もう一日休もうかと思う。それを身体が欲しております。なにせ年だ!

 また次女からメールが入りまして、最終電車に乗り遅れて帰れないとのこと。やはり変わっておる。

 

« 上六通信vol.7 | トップページ | 春の閑馬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅:

« 上六通信vol.7 | トップページ | 春の閑馬 »