フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 柿渋染め | トップページ | 上六通信vol.6 »

2007年5月 1日 (火)

上六通信vol.5

 昨日は、お昼頃にその日の目標売り上げを達成してしまったらしいのですが、我が紺邑は蚊帳の外。不思議なことに、目の前の水晶の大森君も同じ。
 昨年の今日も、やはり暇で、こういう事もあるのですね。

 終了後、久々に、京都の紙屋とそのバイト嬢、中島洋傘と担当を交えて一献傾けました。話に話して飲みに飲んで、さすがの若い紙屋も、少々酔っぱらったみたいだな。

 この男とも付き合いが古く、京都の夜を馬鹿やりながら騒いだとき、彼はまだ24歳だったとのこと。実はこれまでに、大きなもめ事もあって、一緒に話をしたり仕事をするなどと言うことは、考えられない関係でもあったのですが、鍛冶屋の武田のお陰で、今こうして和気藹々と酒を傾けることが出来るようになった。

 担当のU君は、先代の存在が大きいらしく、まだ自立していません。また、その気もないらしい。それではいけないと思うが、よけいなお世話だから何も言わなかった。
 でも、全体の予算は達成できる、いや、貯金も出来、ホットしている感じでしたね。

 中島さんもようやく慣れてきて、昨日はとても良い成績。本当の職人(当たり前ですが)ですから、まだ売ることになれていないのですね。催事に出だして二年半になりますが、先が楽しみです。
 私は日本一だと思っていますのでね。

« 柿渋染め | トップページ | 上六通信vol.6 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上六通信vol.5:

« 柿渋染め | トップページ | 上六通信vol.6 »