フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 日本橋 | トップページ | 夢老人(ゆめおいびと) »

2007年7月 9日 (月)

日本橋終了

 日本橋が終了しました。って、あれ!?後二日あるはずじゃぁー?っと思ってくださる方はこのブログの愛読者。

 実は昨日は、酔っぱらってホテルに帰り、ランケーブルを借りるのを忘れましてね、ブログに穴を開けたという始末でございました。

 一昨日は、久しぶりにnarjaさんご来店。忙しくてゆっくりお話しできず残念ではありましたが、その分、新しい工房にお訪ねいただくか、7月後半の、彼女の家のガーデンパーティでと言うことでお別れ。この方もブログをおやりだが、ここで紹介してしまうとご迷惑掛けないとも限りませんので、私個人で楽しんでおります。

 さて、「忙しくて」と書きましたが、彼女(narjaさん)は人を呼ぶのか、紺邑としては大忙しでありました。

 しかし、一時病気に倒れた販売手伝いのAさんが復帰し、今週は土日だけお手伝いいただけたので、対処できた。彼女の復帰は実にめでたい!少しふくよかになり、返って健康そうに見える。

 最終日はもっと忙しかった。午前中だけで一日分の成績ですからね。

 おかげさまで、恥ずかしくない成績の、最低のレベルにようやく達することが出来ました。それが、全体の平均値ですから、この日本橋の「匠の技展」は、ばけもののような存在となりましたね。

 高江さんはすばらしい出来だったようですが、紺邑も、この秋からは何とか勝負できるようになると思います。

 実は、工房の移転騒ぎと工期の遅れが響きまして、商品の生産が、物理的に間に合わなかった。現実は言い訳が利きませんから、全ての目標を日本橋において来たのです。それで必死になった結果ですから、心底ほっとしております。

 八月一日に工房がオープンしますと、生産能力は多分4~5倍になるでしょうね。それからが新しい紺邑の始まりです。

 私たち紺邑には、沢山の夢がある。

 その実現への第一歩です。 

« 日本橋 | トップページ | 夢老人(ゆめおいびと) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋終了:

« 日本橋 | トップページ | 夢老人(ゆめおいびと) »