フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 台風の名古屋と傘屋 | トップページ | でかい奴ら »

2007年7月16日 (月)

天災と人災

 台風は絶対にそれると思っておりましたが、朝起きると雨も風もない。
 「やった!」と心で叫びました。
 工房も建てている最中で、ここで被害にでも遭ったら目も当てられません。

 そもそも私の住む両毛地区は、天災の実に少ないところで、台風の被害も、昭和22年のキャサリン台風以来ありません。地震があったという記録もなく、その分のんびりとした所でもあるのです。
 キャサリン台風では、我が実家も水につかり、藍染めの洗い場の柱には、その後がくっきりと残っておりました。もっとも、私の生まれる数年前の出来事ですから、記憶にあるわけではありません。

 しかし、人災はあった。
 それが、日本の公害問題の原点である「足尾鉱毒事件」ですし、田中正造は佐野の人だ。

 当時、渡良瀬川は別名「あばれっ川」と呼ばれ、大雨が降るといつも氾濫していた(もっとも、堤防の無かった時代は、これも当たり前のことでもありました)。

 上流には足尾銅山があり、その鉱毒が、河川の氾濫で田畑に影響を及ぼし、取水などによっても、作物が出来にくくなってしまったのです。

 いまでもその影響が無いとも言えません。

 さて、雨も上がり風もなく、お仕事も順調になるかと思いましたが、果たしてそうなりました。
 しかし全体は、まだまだ不調のようです。

« 台風の名古屋と傘屋 | トップページ | でかい奴ら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天災と人災:

« 台風の名古屋と傘屋 | トップページ | でかい奴ら »