フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« くつろぎ | トップページ | ショップオープン初日 »

2007年8月17日 (金)

夏の蠅

 昨日も今日も猛暑だったらしく、お馴染みの熊谷では記録的な気温となったらしい。そんな中、工房オープンの案内状を持って、桐生、足利、佐野をかけずり回りました。

 本日は大安だったせいか、伺った所の全てで、良い出会いがありました。

 清水さんの大邸宅(本当です)では、奥様が玄関の掃除をなさっていたので、呼び鈴を鳴らす必要がなかった。

 中学の同級生の津久井も在宅していて、今度同級生のゴルフがあるからそこで案内状を配ってくれることになった。

 桐生の我が夫婦の相談役で、我が母上の同級生、「藍の詩人」館内さんもご在宅。こちらだけは長居をし、お話しさせていただいた。19日には工房にお見え頂けるとのことなので、万難を排してお迎えに上がるとお約束いたしました。

 私の生まれた実家の周りも順調でしたが、本家の惣領の「新(あらた)ちゃん家」では、またまた奥様が庭の掃除をなさっていらして、これまた大順調。因みに、この場合の「家」は、当地方では「ち」と発音します。ですから「新ちゃん家」とは「あらたちゃんち」と読むのです。

 足利に行きまして、お世話になった石津さんの会社に伺ったが、駐車場の係りが「社長夫妻は留守ですよ。車がありませんから。」と言う。せめて案内状だけでも置いて行こうと思ったら、会社は4階にあり、エレベーターもない。疲れた身体を持て余していると、ご子息がちょうど下りていらした。そこで案内状を手渡せたというラッキー。

 お昼の間に、オープンのお持てなしに使う道具を買いそろえ、工房でそれを降ろし、佐野に向かう。

 銀行を2軒と商工会議所に挨拶してから、今回の融資を担当し、現在はある私立高校の事務長をなさっている方の勤め先の学校にご挨拶に伺った。夏休みだし、いらっしゃるだろうか?という懸念もありましたが行くしかありません。なんと昨日までお休みなさっていて、偶々今日出ていらしたとのこと。オープンを我が事のように喜んでいただきました。

 個展をし、また赤木りえのライブもしていただいた「風の庵」に伺うと、昔なじみの小山さんまでいらしていてご挨拶できました。「おめでとうございます」と言われ、感動しましてついつい、「19日は私が歌を歌いましょう。ただし、小山さんに来ていただいたならと言うことでね!」と言ってしまった。ギターの用意もしなくてはなりません。

 地元の新聞社に行くと、支局長がいらしてこれまた長くお話をさせていただきました。取材をして下さるそうで、ありがたい事です。この新聞社の影響力は、栃木県では絶大ですからね。

今日は工房に泊まります。
このブログもそこで書いております。
周りは真っ暗で、DMを印刷しているプリンターの音しかありません。
テーブルにハエが這っていて飛び立てないでいる。
息を吹きかけても震えるだけ。
梶井基次郎の「冬の蠅」の様だが、今は真夏だ。
どういう事なのでしょうね。

« くつろぎ | トップページ | ショップオープン初日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紺邑・大川さん新工房完成移転そうして営業開始誠におめでとうございます。
いろいろなご苦労 ご努力の成果を これからの発展へと飛躍して下さい
ヘビーブロガー大川さん 毎日見てるよ プレッシャー
私は、影の応援団 たかがブログ されどブログ
人生いろいろ あんまり無理するなよ
  余計なお世話

小峰さん、いつも有り難うございます。
無理するなという励ましが、今の私には一番ありがたい。おっしゃるとおりに致します。
私は小峰さんにはいつも素直ですからね。
お陰でブログをこんなに書くようになっちまった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の蠅:

« くつろぎ | トップページ | ショップオープン初日 »