フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 伝統工芸の品 | トップページ | 京都 »

2007年8月 8日 (水)

デスクワーク

 吉祥寺が終わり、急いで帰宅。そのままパソコンにかじりついてDMとショップのオープン案内の制作と印刷。

 次の日も朝からパソコンに向かいっぱなし。夕方急いで旅立ち、新幹線のぞみの最終一本前に飛び乗って一路京都へという慌ただしさでありました。

 京都に着いて、地下鉄で四条に行こうとしたら、20分以上待たなくては来ない。仕方なくタクシーでホテルに着いたら、ほぼ夜中の12時でありました。

 このホテルの名は「東横○○」といいます。私は滅多に泊まりませんが、夏はいつものホテルが高い料金の部屋しかないため、仕方なくこのホテルに泊まることになります。

 私はこのホテルが好きではないのですが、その理由は判然としません。多分、心が感じられないからだと勝手に考えております。言っておきますが「勝手に」です。

 目の前に「和英対照 仏教聖典」というのがある。どうもこういう精神が駄目なのですね。「じゃぁ泊まるな」とおっしゃる向きもあろうかと思いますが、このホテルは実際にフロントや予約係がそう言いますからね。

 では何故泊まるかと言えば、隣が仕事場で歩いて一分、料金がこの時期とても安く、しかも予約できたと言うことが一番の理由です。

 寝るだけなら何とか我慢できますが、こちらが嫌えばあちらも嫌うのは世の常。

 到着してパソコンにランケーブルを差し込んでも、思うようにネットに繋がらない。ようやく繋がったのが1時半過ぎでありました。

 そして、ブログに穴を開けたという顛末のご報告でもあります。

« 伝統工芸の品 | トップページ | 京都 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デスクワーク:

« 伝統工芸の品 | トップページ | 京都 »