フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 慌ただしいということ | トップページ | 雄山焼(ゆうざんやき) »

2007年8月23日 (木)

宇都宮通信vol.1

 宇都宮東武百貨店の「にっぽん全国 職人の技展」が始まりました。昨年から、「大江戸うまいもの展」との併催。

 食品と一緒ですから、お客様は沢山入るようですが、一昨年までの「栃木美術展」との違いは、お客様の目的の違いです。この辺りは、百貨店の上層部には理解していただけないところでしょうが、仕方ない。

 この催事も12回目を数えます。メンバーも少し変わりました。当初は他に「職人展」などありませんでしたからね。
 今やこの時期、熊本「鶴屋」、広島「三越」、「京急」、「さっぽろ東急」で職人展をしていて、その他、物産展やらなにやら、催事が目白押しで、宇都宮に来られなくなった職人が出てきたというわけです。

 それでも良いメンバーが集まっていると、会場を見渡してつくづく思いましたね。売り上げもそこそこ行ったようです。

 私は家に忘れ物があったので、帰らなくてはならなかったのですが、終了後ついつい宴会をしてしまいました。最終電車で帰ってきたのですが、東武宇都宮駅で40分待ち、乗り換えの栃木駅で30分待ち、店を出たのが夜9時半過ぎだったのに、家にたどり着いたのは12時という悲惨な結果となりました。

 それでも宴会が楽しかったから、良しとします。

« 慌ただしいということ | トップページ | 雄山焼(ゆうざんやき) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮通信vol.1:

« 慌ただしいということ | トップページ | 雄山焼(ゆうざんやき) »