フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 桐下駄 | トップページ | うめだ通信vol.3 »

2007年8月30日 (木)

うめだ通信vol.2

 昨晩はさすがに寝ましたね。お陰様で今日は昼寝なしに済みました。

 

 夜九時までの営業は土曜日まで。日・月は八時、最終火曜日は六時までですから暫しの辛抱です。困るのは夕飯でね、九時に終わってから食べると、ホテルに帰るのが十時を過ぎる。それから風呂杯ってなんやかやすると直ぐに十二時ですから、所謂アフターファイブが何もないつまらない夜となるのですね。

 皆様、営業時間中に交代で夕飯をとっていらっしゃるようですが、私は夕方六時から一人ですから、売り場を離れるわけにはいきませんので、じっと我慢の子でおります。
 夕飯を何にしようかなと、夕方からはそればかりを考えていますが、今日は鍋を食べたかったな。売り場が寒いのですよ。どうして私は寒い場所ばかり宛がわれるのでしょうか。お手伝いして下さっている梅津さんが、「明日はホカロンを持ってこようかしら」なんて言うほどです。

 

 さて、お商売の方は、阪急としては余り芳しくないように思う。なにせここは、催事では日本一だったそうですからね。良かった噂は聞いておりますが、それを実感したことは一度もありません。まぁ、大規模な改築改修をしておりますから、それが大きな原因なのでしょう。
 それでも全体の売り上げを聞きますと、他の百貨店では考えられない数字になっています。これに肩を並べるのは、日本橋三越だけでしょうね。

 

 お客様もそれほど多いわけではありませんから、ゆっくりとお話しする時間が出来るということはあります。

 午後に「私も染めているの」という方がいらした。「藍染ですか?」と聞けば「そう」というお答え。こちらも時間があるから、よくよくお話を聞くと、先生の藍甕を借りて染めているという。またまたよくよく聞いてゆくと、結局はハイドロ建てだ。いつもこういう事ばかりで、例外にあったことがない。ハイドロを使った藍で染めを教えている先生は、罪深いな。

 それにしても、化学建ての藍染めをしている、それも教わっている生徒が、うめだ阪急で展示販売している、それも紛う方無き正藍染の紺屋の私に、「私も染めているの」などと何故言えるのでしょうかね。これを関東弁では「どの面下げて」と言うのですけれどね。

 これは社会の、教育の、大きな問題だと私は考えております。つまり、人を認める、尊敬すると言うことが出来ないのですね。前にも書きましたが、いつかまたしつこく書いてみたい。

 

肝心の夕飯は、ラーメンと餃子の定食だ。もちろん鈴木一久さんと二人。生ビール付き!

« 桐下駄 | トップページ | うめだ通信vol.3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

相変わらず、ハードな日程をこなしておられますね?
梅田阪急に居られるのなら、是非、昼食に阪急3番街B2の「インデアンカレー」を食べに行って下さい。シンプルなんだが、何故か病みつきになる味わいです。
http://once.blog.ocn.ne.jp/ajimu/2007/05/post_e309.html#comments
阪急デパートから3分くらいで行けます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うめだ通信vol.2:

« 桐下駄 | トップページ | うめだ通信vol.3 »