紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 機(はた) | トップページ | 絣 »

2007年9月19日 (水)

根性と体力

 催事で百貨店に出ておりますと、拘束時間は長いがやることは一つだけだ。ところが工房におりますと、染めながら接客し、社長業もこなさなければならない。忙しいが、面白いですね。

 今日の染めのハイライトは、縹色のTシャツ4枚。

 数日前に染めて、アイロン掛けをした菅沼さんから返品を食らったもの。斑がありすぎるとのこと。久々のNGでちょいと反省をし、今日は根性を入れて染めてみた。染め上がり、カミサンに「どうだ!」と見せると、「わー、きれい!」と言ってくれた。「どうやって染めるの?」と聞かれたが、根性を入れてとしか言いようがない。
 2階でアイロンを掛けていた、だめ出しした張本人の菅沼さんも、「2階からみていると、Tシャツの青がきれいですね。明日が楽しみ!フフフ」と笑って帰って行った。つまり、アイロンを掛けたときにどうかということですな。

 さて、藍染めの濃淡は、基本的には回数で出す。しかし、その微妙な色合いは、藍に浸ける時間と方法によるのです。これは、染めるときの藍の状態と素材によって違う。

 薄い色を斑なく染めるにも、その時の藍甕と相談するのですが、基本的には根性が必要です。それをどう発揮するかというのは、文字で書き表せるものではありません。では濃い色を出すときには何が必要かと問われれば、「体力!」と答えることにしております。

 紺邑の藍の色をみて、「きれい」と言ってくださる方が多いですが、その裏には、私どもの根性と体力が隠されているのであります。

 その根性を入れてTシャツを染めているときに、この工房を作っている加藤さんが、近隣の友人をお連れになった。根性が入っていたから、皆さんに藍染めを説明するのにも、根性が入ってしまいましたね。

 彼らも面白い人たちでしたが、この近辺は人材が豊富です。それを、偉い人たちは知らないのだな。

 もったいない。

« 機(はた) | トップページ | 絣 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

昨夜も9時に寝てしまいメールを送れませんでした。
紺邑に勤めて 約2ヶ月 綺麗な藍の色に囲まれながら 仕事ができることを 幸せだな~と感じています
さて、昨日仕上げした Tシャツ本当に綺麗な色でした。思わずお買い上げしてしまいました 先日も籠染めのTシャツを買ったばかり 近い将来私の箪笥の中は、真っ青になりそうです。

 コメントデビューおめでとう(^^)/
 これは所謂、処女作だな。永久保存版と致しましょう。

はじめまして(^o^)/
母がいつもお世話になっております。
菅沼の娘です。
紺邑のブログに母のことが載っていると本人から聞かされブログを覗いてみました。 
母は職場でも従業員のくせして、でしゃばった口をきいているようですね。ご迷惑をおかけしまして、母に代わりお詫びを申し上げます。
こんな母ですが、変な言動は無視しつつ、これからもよろしくお願いいたします。

本当に菅沼さんのお嬢さんですか!?
随分しっかりなさっていらっしゃる。
なんてね。

お世話になっておりますよ。
一番はコーヒーだな。
水も良いのでしょうが、何処の喫茶店にも負けない味です。

もちろん仕事もね(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/16508180

この記事へのトラックバック一覧です: 根性と体力:

« 機(はた) | トップページ | 絣 »