紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 寝てしまった藍 | トップページ | ふたりでお茶を »

2007年9月21日 (金)

起きた藍

 朝一番で寝てしまった藍甕の蓋を開けると、どうも起きた様子がうかがえる。ドキドキしながらティッシュペーパーを入れてみると、しっかりと色が出ておりました。もう大丈夫でしょう。これも良い経験です。
 なんでそうなってしまったかというと、多分、最後の嵩上げの失敗です。気難しいものですね。

 起こすにはどうしたらいいか、二・三日考えましたね。結局、藍瓶を出来るだけ温めでから攪拌し、すくもに温度を与えてからそのまま落ち着かせ、すくもを底に沈めることにしました。そして待つこと三日。

 甕の液の半分以上を捨て、温かな真新しい灰汁と黒砂糖を加えて丁寧に攪拌。そしてまた待っていたという次第。

 藍染めはフル稼働の一日となりましたが、その間、お客様や熊谷八木橋の社員や銀行の方もお見えになり、本当に忙しい一日となりました。誠にありがたいことです。

« 寝てしまった藍 | トップページ | ふたりでお茶を »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/16529343

この記事へのトラックバック一覧です: 起きた藍:

« 寝てしまった藍 | トップページ | ふたりでお茶を »