フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 京王通信 | トップページ | 職人と作家 »

2007年9月29日 (土)

京王通信vol.2

 ここは昔から午前中が静かなところ。現在も噂には聞いておりましたが、やはり静かなものです。それが、二時過ぎると突然賑わい出すのですから変な感じだな。

 さて、今日も全部でお客様は三人。しかし、成績は立派なものだと私は思う。

 先ずはお馴染みの、中野の若林さんがお見えになった。商品を間違ってお送りしてしまって、それを返しにわざわざ来て下さったのです。ついでだし暇だしで、凡そ一時間も世間話。すっかり盛り上がって、帰りしなにウールケープをご注文なさっていただいた。

 次に、ご主人のお母様の米寿のお祝いに、やはりウールケープをご注文なさったご夫妻がいらっしゃって、一段落。

 しばらくすると、昨日と一緒でまたウトウトと眠気が差してきた。隣では花地さんが男性とお話をしているのは分かったのだが、眠気が先に立って、彼女にお任せ。
 起きたら「後からいらっしゃるそうです」とのこと。本当に戻ってきて下さいまして、男性物としては一番高価なブルゾンを買っていただいた。

 やはり、「果報は寝て待て」は真理かも知れないな。
 しかし、夕方からはさっぱりでしたね。

 珍しい人との出会いもあった。ガラス細工の久野説子さん。
 カミサンがこの方の作ったビー玉のイヤリングが大のお気に入り。でも最近お会いできなくて、「あなた、ご一緒したら買ってきてね」と言われ続けておりましたが、ようやく会えた。カミサンの意向も伝え、出来れば閑馬で展示会を如何でしょうかとお誘いもし、今後のスケジュールもお聞きしてお別れしました。

 「スペース匠」のネットページを作っている、通称「歯抜け社長」もお見えになった。お聞きすると、ここはネットと連動したアンテナショップも兼ねているとのこと。それならば仕方ないと諦めましたね。

 久々に日記を書いた気分ですね。

« 京王通信 | トップページ | 職人と作家 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京王通信vol.2:

« 京王通信 | トップページ | 職人と作家 »