紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« '07/10藤沢通信vol.2 | トップページ | 藤沢通信vol.4 »

2007年10月19日 (金)

'07/10藤沢通信vol.3

  赤福の事件は大変残念なことです。暖簾の復元をさせていただいたご縁もありますし、一刻も早い復活を祈ります。我々も、小さいなりに色々ありますが、規模が大きくなると、問題の大きさは、比較にもなりません。油断は禁物ですね。

 今日も今日とて、ゆったりと時が過ぎてゆきました。私の気持ちもゆったりだ。

 この売り場では、良いお客様に出会えるかどうかだけが勝負のようなもので、その方にふさわしい品揃えが出来ているかが大切なのですね。

 今日の午前中は、なんの動きも無し。

 お昼をいただいた後に、お馴染みの和田さんがお見えになった。どうもいつもと違うと思ったら、懐に犬がいない。もう19歳だそうで、最近寝込んでいるのだそうです。面倒を見るのが忙しく、犬がちょっと寝たところで出てきてくださった。
 帽子の修理のご依頼でしたが、Tシャツがお取り置きとなりました。

 それからまた何も無い時間がが過ぎ、またご常連の奥村さんご一家がいらした。お二人で紺邑のベストジャケットをお召しで、「何処に行っても褒められるよ」と、私が褒められた。
 「そのベストの下に如何ですか?」とご主人にシャツをお勧めすると、ご子息が「それ、良いなぁー!似合うよ」と感嘆の声を上げる。良い人だぁ!「じゃ、もらおう」と、即決。
 奥様には、今日届いたアンゴラの濃紺のケープをご紹介した。今度は、声も出ないくらいに似合う。本当にきれいだ。どっちが?って、両方。でも決められない。そりゃーちょっと値段が張りますからね。「じゃぁ、私たちは○○に行っているわね」といってご主人を置いて行かれた。
 包装とお勘定を済ませてご主人に品物をお渡しすると、帰りしなに、「これだったな」とケープを確認してお帰りになった。
 これはひょっとするとお戻りになるなとお待ちしていると、しばらくして、「戻ってきたわよ」と本当にお戻り。
 これだけで一人前の成績となりました。

 これが藤沢ですから、焦っちゃぁいけませんのですよ。

« '07/10藤沢通信vol.2 | トップページ | 藤沢通信vol.4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/16809120

この記事へのトラックバック一覧です: '07/10藤沢通信vol.3:

« '07/10藤沢通信vol.2 | トップページ | 藤沢通信vol.4 »