紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« ナイト・パリ | トップページ | 気づき »

2007年10月11日 (木)

藍建て 染めと教育

インターネットというのは、ただただ情報が多いですね。

私がこれに出会ったのが1995年だから、結構長いか。

でも、ブログを初めてからは、随分ネット社会とも親しくなった。

 

調べると、様々な藍建てがあり、藍染めがあることが分かりますね。

紺邑もその内の一つなんだろうな。

思うのは、職人仕事が少なくなっているなと云うこと。

 

百貨店に出展して、一人一人のお客様に出会いながら藍染めを語ることと違って、ネットはいっぺんに大勢の方と語れて便利なようであるようだけれど、やはりそれは文字の世界で、心まではなかなか伝わらない。

私は、この「心」というのが大切なのだと考えるのだな。

 

青森県の小学校で、一年掛けて、藍の栽培からすくも作りから藍染めまでの体験をしたという報告の記事を読みました。

題して「藍の栽培及び藍染めで輝くこども達」。
 

この経験で、教わった子供達は、歴史が分からなくなったでしょうね。

学校も子供達に対して、かわいそうなことをするものです。

歴史が分からなくなったばかりでなく、この子達は「仕事」が分からなくなってしまった。
 

何が言いたいかと云いますとね、この子達だって出来ることを、私たち職人がやっている事になっちまうでしょ、ということ。
 

職人仕事だけじゃなくて、どんな仕事だって、一人前になるには、経験や素質や修行が要る事なんて、世の中に出れば当たり前のことでしょう。

この子達は、それが分からなくされてしまったわけで、世の中に出てから苦労することになるでしょうね。
 

これを企画した先生は、世の中をなめていますね。

苛性ソーダを使って還元剤使って、何が教育ですか。

歴史の中に、そんなものはなかった。

実社会では仕方ないことかも知れないが、それが教育の場では大切なことのはずだ。

 

学校で歴史を教え、そこに子供達が想像力を発揮し、それに思いを馳せるとき、歴史の中にいる紺屋が、苛性ソーダとハイドロを使っているなんて、喜劇か悲劇か!

 

そりゃー、たかが藍染めと言えなくもないが、一事が万事とも云うでしょう。

« ナイト・パリ | トップページ | 気づき »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/16726772

この記事へのトラックバック一覧です: 藍建て 染めと教育:

» 青森県の転職情報 [青森県の転職情報]
転職したいと思ったら、たくさんある転職サイトの中から自分に合うものを選んで利用しないといけません。一番簡単に選ぶ方法は、周りの転職した人にどのサイトを利用したか聞いて、まねをすることです。 [続きを読む]

« ナイト・パリ | トップページ | 気づき »