紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 馬鹿っ話(バカっぱなし) | トップページ | 京王通信vol.4 »

2007年10月 2日 (火)

京王通信vol.3

 京王は、午前中は実に静か。それが二時頃から突然賑わい出す特徴があります。ですから、焦っても無駄なのですね。

 ところが本日は、待てど暮らせどお客様がいらっしゃらない。目の前をお通りになるのだが、店には寄って下さらない。寄って下さってもお買い求め頂けないという時間が、ただただ過ぎて行きます。

 実は今週は、毎日こういう日が続いておりまして、どうにもならず、昔なじみのお客様に助けていただいているだけ。新規のお客様はほとんどいらっしゃいません。

20071002180440  ここはネットのアンテナショップだと歯抜け社長が言うから、一番奥の壁側に商品の展示もせず、前面の最高の場所にあるディスプレーの邪魔にならないようにしてきましたが、遂にしびれを斬らせまして、奥にストールを飾り、ディスプレーの前に商品を並べてしまいました。

 考えてみると、歯抜け社長と私ども出展者の関係が分かりませんね。なんなんでしょうね。

 この売り場は間口が狭く、お客様の注意を引き難く、奥は塞がれていますから、入ってくる人も余程の興味のある方に限られる、大変販売の難しい作りになっています。その上に、2社入っていて売り場は狭く、一番良いところにはネットの商品とディスプレーが置いてあるのですから、実に困りました。

 ネットがどうのこうの言われても、私どもも生活がかかっていますから、遠慮も限界に達したという次第。そうしますと現金なもので、お客様が立ち止まるようになった。そして夕方、ようやく目が開いた。京王でこんな事は初めてですね。

 それでも、山本さんがいらして、ひろ子さんの織った裂き織りのマットをお買い求めいただき、ようやく何とかなりましたが、ここは先が思いやられます。それとも、紺邑だけなのかな?

 そんなことより、ひろ子さんの裂き織りが初めて売れましたね。
 それも、お馴染みの山本さんで、めでたしめでたしだな。

« 馬鹿っ話(バカっぱなし) | トップページ | 京王通信vol.4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/16645490

この記事へのトラックバック一覧です: 京王通信vol.3:

« 馬鹿っ話(バカっぱなし) | トップページ | 京王通信vol.4 »