フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 名古屋通信 | トップページ | 07/12名古屋通信vol3 »

2007年12月12日 (水)

07/12名古屋通信vol2

 松坂屋名古屋本店の「日本の職人展」が始まりました。

20071212112020 会場のコンコースのような所ですが、冬は例年、この場で出店しております。

 

 少々くらいのが難点で、無理を言いまして、明かるくしていただいております。

 

 さて、チラシを見ますと、やはり大分小さくなりました。多分例年の半分くらいの大きさではないでしょうか。そのせいかどうか、実に緩やかな出足となりました。これも、大丸との統合の影響でありましょうか!?

 

 「佐野のどこでやっているのか?」とお尋ねのお客様がいらした。良く聞きますと、繊維関係の商社にお勤めで、足利で二年間、ホテル住まいをなさっていたとのこと。両毛地区が担当だったらしく、実にお詳しい。昭和三十年代の良いときでしたから、相当遊んだことでしょうね。
 あの縫製屋はどうしている?、あの呉服屋はまだあるか?と聞かれても、40年以上も前のことですから、私にはちんぷんかんぷんでありましたが、お客様は楽しいそうにお話をなさっていましたね。

 

 両毛では「だがね」言葉を使います。これは、名古屋と同じですね。多分、繊維関係で、そうとう深く長いお付き合いがあったのではないかな?

 

Dscf1347_2  珍しく岡村さんが初日にお見えになった。

 

 紺邑の、アルパカとリャマとモヘアの藍染めのコートをお召しになり、どうもいつもと雰囲気が違う。

 

 髪型だと気がついたので、「どこまで伸ばすつもり?」と聞くと、「腰まで」とのこと。そんなことが分かるくらい、長いお付き合いとなりました。

 

 東京に行ってしまうので、今回はもう会えないらしい。それで初日にいらした。顔をお見せいただいただけでもありがたい。

 

 お正月は、ひょっとすると、日本橋でお会いできるかな?

 

 

 

 さて、夜はサッカー観戦。
 明日は浦和だ。

« 名古屋通信 | トップページ | 07/12名古屋通信vol3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/12名古屋通信vol2:

« 名古屋通信 | トップページ | 07/12名古屋通信vol3 »