フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 07/12日本橋通信vol.1 | トップページ | 危険だということ »

2007年12月28日 (金)

07/12日本橋通信vol.2

日本橋二日目。
久々に、ご常連でマイミクで、紺邑の前工房をご存じのnarjaさんご来店。
そろそろ染め直しだろうなと思っていたご主人の作務衣をお持ちいただいた。

この方はマックを使って、ものすごく前からホームページをご自分で作っていらっしゃる。
私も愛読者なのだが、写真が上手だな。
うらやましいくらいです。

女性ライダーで、紺邑のオープンの日には、バイクでお見えになった。
びっくりしましたねぇ。

ご自宅で開かれるオープンパーティには、私も一度お伺いし、ご主人にも紹介していただいておりますし、いつぞやは日本橋まで一緒に来ていただいた。

某国立大学教授のご主人のホームページに、最近行って参りましたが、ちんぷんかんぷん!?
カミサンに読んで聞かせましたが、あまりの分からなさに、二人で大笑いしてしまいました。
掲示板の議論も、興味津々なのですが、理解が追いつきません。
残念なり。
narjaさんに解説頂き、少々、内容はわかりました。

それにしても静かなもので、さすがに年末ですね。
ゆったりと時間が過ぎ、夕方、ようやく一波来て、成績もそこそこ上げられました。
やはり、松坂屋も三越も、本店の力は違います。

終わって忘年会。

下駄屋、絣屋、帽子屋、紙屋、傘屋と私の6人。
昨年、私がちょっと不愉快な思いをしたところ。
今回は、私が失礼したかもしれない。
大分、酔っぱらいました。

この忘年会で、今年は一段落だ。

« 07/12日本橋通信vol.1 | トップページ | 危険だということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/12日本橋通信vol.2:

« 07/12日本橋通信vol.1 | トップページ | 危険だということ »