フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 名馬磨墨(するすみ) | トップページ | 大邸宅 »

2007年12月 4日 (火)

狐の嫁入り

今日は良い天気で、調子よく藍染めが始まりました。

Dscf1312_2 昨日染め上がった生地を天日干し。

晴れているのは、木陰でおわかりだろうと思う。

ところがこの時、雨が降っているのですよ。

 

  
 

Dscf1313_2玄関の石畳ですが、雨の後がありますね。

これが小雨とも言えない、しっかりした雨で、ちょいとびっくりいたしましたね。

いわゆる天気雨、別名「狐の嫁入り」と言う奴ですな。

久々に遭遇いたしました。

それでもほんの一瞬のことで、後は順調に染めることが出来ております。

そろそろ、名古屋松坂屋本店の催事の準備をしなければなりません。 

実演用の藍も、建て始めました。
 
Dscf1317_2 イスラム教のターバンをかぶっているようですが、床暖を入れ、周りをバスタオルで包んで、保温を心がけているのです。

中身は3㎏ほどのすくもを、灰汁でたっぷり練り、ひたひたになるまで灰汁を入れたもの。

 

 

Dscf1318_2 後三日ほど寝かせまして、この灰汁を入れてかさ上げを致します。

樫の木灰から取った、一番灰汁です。

ほれぼれするほどよい色合いで、ぬるみもたっぷりだ。

よい藍が建つこと、請け合いですね。

  
楽しみですが、これを名古屋に運びますと、おかしくなってしまうのですよ。
冬場は簡単にいきません。

« 名馬磨墨(するすみ) | トップページ | 大邸宅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日は遠回りしてお送りいただき有難うございました!
又、貴重なお話の数々・・・ウチに帰って
自分で調べたかのように皆に話しました(^_^;)
この地の勉強をもっともっと
せんといかんとですねー

吉田さん、この間はどうも。

それにしても、我々の住まっている辺りは、歴史の宝庫ですね。それも、「閑」という文字が着くくらい、穏やかな雰囲気がある。

良いところです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狐の嫁入り:

« 名馬磨墨(するすみ) | トップページ | 大邸宅 »