フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 7/12日本橋通信vol.5 | トップページ | 新年 »

2007年12月31日 (月)

ご挨拶

今年ほど、様々な出来事があったことは、我が生涯にありません。
いや、ただ単に、昔を忘れているだけなのかもしれないな。

振り返りますと、その一つ一つが、客観的に見ると大事(おおごと)で、良く乗り切ってこられたと、我が事ながら思う。

その要因は、忘れるという特技と、前向きにしか生きられない現状を、あるがままに受け入れたことにあるのかもしれません。

もう一つ大切なことは、人に恵まれていることでしょうか。
いろいろな方々に、ご助力を頂きました。

全てに感謝するしかありません。

それにしても三月の終わり、七軒町の工房を離れなければならない時、閑馬の設計をお願いしていた加藤さんに、「大川さんには、本当にいろいろなことが起こりますねぇー」としみじみ言われた時は、「全くだなぁ」と思いましたね。
これを鍛冶屋は「トラブルの集積地」と表現したが、何の因果なんでしょうか!?

落ち着いたら、考えなくてはならないことのようですね。
私は、「犬も歩かなければ棒にも当たらない」といつも言っておりますが、まぁ、歩いている証拠なのだと思っておりますよ。

カミサンには苦労を掛けました。
いや、掛け続けだな。
恩返しが出来るのだろうかと、いや、出来るようにしなければと思う。

そして、ご助力いただいた全ての方々に感謝しつつ、「良い年をお迎え下さい」とご挨拶させていただきます。

« 7/12日本橋通信vol.5 | トップページ | 新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご挨拶:

« 7/12日本橋通信vol.5 | トップページ | 新年 »