フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 08/1日本橋通信vol.6 | トップページ | 偽 »

2008年1月10日 (木)

08/1日本橋通信vol.7

遂に日本橋最終日。

仲間内からは「止せば良いのに」と思われつつ、藍染めの実演を致しました。
そうすると、お客様が足を止めてくださるし、ハンカチが染め上がるしと、良いこと尽くめの様ですが、ハンカチしか売れません。
それでは困るのですが、そろそろ終了時間が迫って来る。

「こりゃ、今日はだめだな」と思うようになってきた。

体も疲れ切って、先日電車を乗り過ごし、東京駅についても動けなかったような状態になってきて、お客様がいらしても、商品の説明もしたくない。
お手伝いの新井さんに、「最後の休憩に行ってらっしゃい」と言ったときに、お客様が一人いらした。

この方が長く売り場にご滞在。
新井さんも熱心に説明している。
私も最後の気力を振り絞って参加。
そうしましたら、三越のお帳場のお客様独特の言い回しで、「いただくわ」とおっしゃり、この日最初の売り上げとなりました。

これが、この日の目標売上高と同じ金額で、新井さんと二人で大喜び!
そして、二週間の目標を、最後の最後に達成できたのです。

でも、一日の成績としては喜べる程でもない。
新井さんと、「目標通りだけれど、設定が低かったね」と言っているうちに、そろそろ本当に終わりの時間が近づいてきた。

さて、片付けの準備をしようと藍甕を閉じると、茨城県からお馴染みさんがお見えになった。
久しぶりなのでお話ししていると、どうも商品をお求め下さる様子。
私も最後の最後ですし、久しぶりですから一所懸命お勧めしましたら、その方の為に作ったようにウールのスカートもケープもお似合いになる。
双方ともお求めいただき、結局は三越本店としても恥ずかしくない成績で終わることが出来ました。

新年早々、まことにありがたいことで、紺邑としては上々の出足となりました。

三女が新年の挨拶に来て、片付けを手伝ってくれたので、体力的には大助かり。
この間騒いだ寿司屋で打ち上げをし、浅草駅に着いたら次の特急まで45分もある。
しかたなく、新仲見世通りにだしている屋台のおでん屋に入り、ちびちびとお酒をやりながら時間をつぶすことにしました。

ここの酒が「浅草」とかいう奴で、ぬる燗にして飲むと、いかにも「屋台の酒」という感じでいける。
それですすんでしまいまして、良い気分で乗車。
案の定又乗り過ごし、終点の「太田」まで行ってしまった。

もう電車はありませんから、タクシーで帰宅。
タクシー代を払いましたら、お財布の中身が空っぽになった。

こちらも予算達成で、めでたしめでたしでございます。

« 08/1日本橋通信vol.6 | トップページ | 偽 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/1日本橋通信vol.7:

« 08/1日本橋通信vol.6 | トップページ | 偽 »