フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« ひな人形 | トップページ | 熊本通信vol.2 »

2008年2月27日 (水)

熊本通信vol.1

熊本鶴屋百貨店で開かれる、「職人の技展」が今日から始まりました。

 

紺邑は三年ぶりとなりますが、以前は2月のこの催事は無く、夏の催事に出展していたのですが、これが日程が変わり、宇都宮の催事と重なったために、出展できなくなってしまっていたのです。

 

朝六時過ぎに会場に入ると、知った顔、懐かしい顔が沢山。

 

お隣に、弓はま絣の後藤さん夫妻がいらして、「この間米子に来たんですって!」ってな話になり、「大川さんが来そうな予感がしたから、米子を抜け出したの」というから、「一食損した」なんて戯れ言を楽しみながら準備を致しました。

 

準備が終わり、落ち着いたところでチラシを見ると、メインに紹介されている連中を見て不吉な予感。
案の定、紺邑はたいした成績を残せませんでしたが、紹介された連中は忙しかったらしい。

 

特に、近くにいた姫路革細工の小野ちゃんの店には、止せば良いのに人だかりが絶えません。

 

イタヤ細工の菅原さんご夫妻もいらして、「ブログありがとう」なんて言われちゃった。
聞くと、名古屋高島屋で四日市のお客様に、「菅原さんは糖尿病なんですってね」と言われたらしい。
なんで知っているのかと思いきや、そのお客様は、このブログをお読みになったそうな。

どなたか存じませんが、ありがとうございます。

 

ご本人はパソコンなんかやりませんから、読んだことも見たこともないらしい。

 

菅原さんと同じホテルに泊まっておりますが、「大川さん何号室?」と聞くから「教えない!」と答えておきました。
未だ死にたくありませんからね。

 

まぁ、全体にはめでたくも、ものすごい成績であったらしい。

 

終わって、シルクの贄田さんと熊野筆の鉄の三人で、近くの定食屋へ。

 

飲まない約束が、贄田さんが始まってしまったので、鉄と二人でさっさと帰って参りました。

 

今日はただただ休む予定です。

 

それでは皆様、お休みなさいませ、って、早すぎますから、これからヒバ油を入れた風呂に入ります。

 

 

« ひな人形 | トップページ | 熊本通信vol.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本通信vol.1:

« ひな人形 | トップページ | 熊本通信vol.2 »