フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 沢田ご夫妻 | トップページ | 藤沢春通信VOL.2 »

2008年3月27日 (木)

藤沢春通信vol.1

 小田急百貨店藤沢店の初日は、朝七時からの搬入。
 担当の高坂君の準備もよろしかったので、何とか時間内にお店の体裁が出来ました。

 ここはのんびりとしたところですが、湘南の良いお客様が時折お見えになって、お買い物を楽しまれるところ。
 駅向こうにある百貨店とは、だいぶ趣が違います。

 同じフロアーに、千疋屋のカフェがあるのですが、そう言う百貨店はそうはありません。上のレストラン街も、なかなかによろしい。

 ここは、鍛冶屋の紹介で始まった売り場で、今や、この階の売り上げの、大きな部分を占めているでしょうね。上下エスカレーター前に、売り場が2カ所あります。

Dscf1520_2鍛冶屋から私、私から様々な職人に広がり、当時の今井部長の肝いりで、下りエスカレータ前も出来た。
 
 ここは以前、フエイラーの売り場でした。
 題しまして、「紺邑 正藍染め展」。

 さて、またのんびりなのだろうと思いきや、朝から大勢のお客様。
 全体の売り上げも、ここのところ真によろしいらしい。
 社員達も忙しく働いている。
 紺邑も、前年をオーバーいたしました。

 春の陽気のせいかな!?

 終わりまして、いつもの「とんこ」でトンカツ。
 ビールも飲まず、さっさとホテルに帰り、ゆったりとお風呂につかり、たっぷりとストレッチをし、洗濯も済ませ、さぁー、サッカーです。
 ワールドカップ予選、対バーレーン戦。

 はじめから、キーパー川口の不調が読み取れた。
 全体のリズムもよろしくない。
 それについては、あちらの気候もピッチの状態も分からないから、何とも言いようがない。
 でも、川口は危ないなと思っていたら、最後の最後にやっちゃった。
 キーパーを途中交代させるのは、難しいでしょうから、仕方ないのかな。
 それに、選手達にがむしゃらさが見えなくて残念でした。
 バーレーンの選手がポール際までボールを追い、マイボールにした場面がありましたが、その気迫が、最後の一点に繋がったのでしょう。
 それに比べ、日本の選手は、直ぐにあきらめてボールを追わない。
 技術の問題ではなく、精神の問題であったように、私には思えました。

 次回のホームゲームを期待したいが、この際、メンバーの見直しが必要ではないかな。

« 沢田ご夫妻 | トップページ | 藤沢春通信VOL.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢春通信vol.1:

« 沢田ご夫妻 | トップページ | 藤沢春通信VOL.2 »