フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 08岡崎通信vol.5 | トップページ | 薪割りと雉子と »

2008年4月 9日 (水)

08岡崎通信vol.6

 岡崎最終日。

 物産展の最終日は、食品の片付けが朝から慌ただしく、落ち着きません。
 それでも、朝早くからご常連に来ていただき、簡単に両目が開きました。
 これで落ち着いて、帰りの準備が出来ます。

 友禅作家の売り場は、徐々に商品を間引きし、午後にはスッカラカン。
 それでも紺邑の品数より沢山ある。うちはまだまだ伸びしろがあるなと、つくづく感じます。

 17時終了ですが、18時05分東岡崎駅発の電車に乗らなければ、その日の内に家に帰れません。
 ボチボチと整理を始め、17時15分頃には片付け終了。

 ちょいと離れた駅までタクシーにしようと思いましたら、そんものはタクシー乗り場にいないし通ってもいない。
 仕方なく早足で歩き、着くと17時35分。

 「みどりの窓口」で、豊橋からの「ひかり」のチケットを買い、外に出ると17時44分。
 47分発の快速特急に間に合ってしまった。

 「18時43分豊橋発の『ひかり』に乗れ」という、携帯の「Jナビ」の指示通りにしているのです。

 豊橋には30分前に到着。
 腹はペコペコ。

 ふと見ると「そば うどん」の看板。

 飛び込むと「きしめん」もあるのでそいつを掻っ込む。
 きざんだ油揚げたっぷりに、青ネギたっぷり。
 なのにおつゆは関東風。
 東海というのは、そう言うところのようです。

 「ひかり」が発車して直ぐの、「次の停車駅は、新横浜です」というアナウンスで、Jナビの指示の意味が分かった。
 こりゃ早い!

 東京駅から神田に出て、地下鉄銀座線で浅草へ。
 20時37分に着いて、切符を買おうとすると、特急の発車まで5分しかない。

 その次にすると1時間後だけれど、慌てるのは嫌だから、いつものように寿司屋で一人打ち上げでもやろうかなと、ふと思って、次の特急券を買う。

 トイレに行こうと、2階の改札のある場所に行き、トイレから出ると、どうも一つ前の特急に間に合いそうな気配。

 腹は減っているから、慌てて弁当とお茶を買い、チケットを買い換えて飛び乗った。

 やれやれと席に着き、おもむろに弁当を広げ、ようやく夕飯にありつけると焦ったのか、それをテーブルの上に乗せようとして床に落としてしまった。

 腹の減りをお茶でごまかして、22時10分、何とか家に到着。

 何があっても、家が良いですな。

« 08岡崎通信vol.5 | トップページ | 薪割りと雉子と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08岡崎通信vol.6:

« 08岡崎通信vol.5 | トップページ | 薪割りと雉子と »