フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 奇遇 | トップページ | 08池袋通信vol.2 うなぎ »

2008年5月 6日 (火)

08池袋通信vol.1

 池袋三越の「匠の技展」が今日から始まりました。

 準備は今朝の六時から。

 私は七時頃に入りましたが、樽細工の鎌田さんや柘植櫛の森さんなど、「現代の名工」達も、朝早くから一生懸命働いておりましたね。

 今回の初日の「オープニング・サービス」として、紺邑は「藍染めハギレ詰め合わせ50点限り税込み\1,050」と言うのに参加しました。

 発案は、担当の渡辺さん。

 小林さんが一生懸命詰めた物ですが、彼女は紺邑の小物担当ですから、ご自分の視点でハギレを入れておりますので、すこぶる評判がよろしいのです。

 お昼には完売!

 私はこれに掛かりきりで、疲れましたね。

 午後はどうなるのだろうと思いましたら、常連も沢山見えられ、レストランの目の前に紺邑はあるので、そこにお立ち寄るお客様にも、次々とお買い物をしていただき、池袋としては上々のスタートとなりました。

 全体も非常によろしいらしく、渡辺さんも、企画会社担当の小山さんもホッとした様子。

 彼らは、夕べ遅くまでかかって商品の搬入をし、今朝、我々よりも数段早くから店に入って、会場の準備と我々の手伝いをしていたのですから、ホッともしたろうし、内心はうれしいことでしょう。

 ご苦労様です。

 今日は全員疲れておりますので、三々五々解散し、私も中華の定食で夕飯を済ませ、早々に帰って参りました。

 ただいま泊まっているホテルで、少々約束事の食い違いが起きております。私は「約束違反だ」と思っておりますし、先方も考慮中。

 それによっては、明日チェックアウトしようと思っております。

 怒っているわけではありません。納得がいかないだけであります。

 ただいま、ホテル側とお話を致しまして、全て納得の上、週末まで泊まることに致しました。

 めでたしめでたしであります。

« 奇遇 | トップページ | 08池袋通信vol.2 うなぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08池袋通信vol.1:

« 奇遇 | トップページ | 08池袋通信vol.2 うなぎ »