フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 小学生達 | トップページ | 08/5船橋通信 vol.1 »

2008年5月14日 (水)

「ばんや」

「ばんや」は「番屋」のことで、漁民が、漁場の近くの海岸線に作る作業場兼宿泊施設のことを言います。

 
朝5時58分足利市駅発の特急りょうもう号に乗りまして、北千住→錦糸町と乗り換え、午前8時ちょうどに船橋に着きました。

改札口を出ますと、紺邑の藍染めとハッキリ分かる作務衣をお召しの女性の出迎えを受けました。

船橋東武と日本橋三越で有名な、宇野澤さんの奥様。

ご主人は車でお待ちいただいておりました。

私もそれに乗り込み、一路房総半島は保田へ。

ここには近年有名になりました、「ばんや」という店があって、美味しい魚を驚くほどの安さで食わせてくれるというので、宇野澤さんご夫妻に案内していただくのです。

 
船橋の駅から渋滞を見込んで二時間掛かると思っていたのが、道路は全くのがら空きで、9時半に到着。

開店まで30分もありますので、雨の中、近くを散策してみました。

 
「ばんや」は漁協直営のお店。

Dscf1603_2 その漁協の上に待っている鳥たちのうるさいこと、多いこと。

カモメかなと思っていましたが、どうも鳴き声が変だ。

近寄ってみると、トビです。

こんな大群は、始めてみましたね。

Dscf1602_2 漁船は帰ってきたのか出ていないのか、網の手入れをしておりました。

お邪魔してはいけないので、遠くから遠慮がちのワンショット。

10分くらい前に店の前の干物やさんを冷やかしますと、ものすごい種類がある。

値段を見てびっくり仰天。

たっぷりと買って、来週届くように手配しました。

 
さていよいよ店内に入り注文。

奥様は鯵フライにその日あがった魚の寿司。

私もまねて、鯵の塩焼きに寿司。

宇野沢さんは、ヤリイカの定食。

そして千葉名物、トビウオのナメロウ。

 
最初に出てきたフライを一口頂いて、朝だから我慢していたのですが、たまらなくなってビールを注文。
 

ナメロウは大きなトビウオ一匹分。

鯵の塩焼きは、なんと三匹出てきた。

こいつははらわたがちゃんと付いている。

これがたまらなく美味でありました。

 
寿司だけはいただけません。

握りが機械ですね。

 
満腹、大満足して船橋に帰ってきて、東武百貨店の催事の搬入です。

ビールが効いて、最初はボーーーーっとしておりました。

何とか終わって、ホテルに帰り、のんびりした後、今度は船橋の「番屋」で夕飯。

 
ちょっと酔っぱらいました。

明日、この書き込みを添削し、間違いがあれば直します。

« 小学生達 | トップページ | 08/5船橋通信 vol.1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ばんや」:

« 小学生達 | トップページ | 08/5船橋通信 vol.1 »