フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 「灰」「釉薬」「紺屋の明後日」 | トップページ | 芸事 »

2008年5月 2日 (金)

閑馬 園芸部 農業部

閑馬の紺邑は、全部で4段構成になっています。

一段目は、井戸のポンプが主体。

二段目は、工房が建っている。

三段目は、梅の木の大木をランドマークとした広場。

2007_05043四段目は、さて、一年前の記事を読みますと、「我が工房の土地は、四段で構成されております。その一番上から見た工房ですが、遙か彼方だな。勝手な希望では、この一番上に、本当の住まいを建てたいと思っているのです。立っているのが、我が次女。」と私は書いている。

さて一年後…
Dscf1567_2 開墾されて、畑にされようとしております。

ここは取りあえず、閑馬農業部の連中が、作物を作る練習場となり、その内、ハーブ園にしようという魂胆が、我がカミサンに出来上がってしまいました。

ここの土がまた、作物を作るのに、最適。
 

紺邑には、農業部と園芸部とある。

園芸部部長は、言わずとしれた村井さんで、農業部部長は、太田さんという人。

村井さんはプロだが、太田さん達は、農業は全くの素人。

だから、練習場が必要なのです。

総勢15名かそれ以上。

皆さん東京の方々。

蕎麦屋の久保さんのご主人が先生で、明日雑草取りやら籾殻の扱いを学ぶらしい。

 
太田さん達については、追々ご紹介するとして、閑馬も賑やかになりました。

« 「灰」「釉薬」「紺屋の明後日」 | トップページ | 芸事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閑馬 園芸部 農業部:

« 「灰」「釉薬」「紺屋の明後日」 | トップページ | 芸事 »