フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« マニュアル車 | トップページ | 「ばんや」 »

2008年5月13日 (火)

小学生達

今日は、前もってお約束していた閑馬小学校の三年生全員、総勢11名が藍染めを見に来ました。

五年生は、伝統工芸を勉強するから、長年相手にしてきましたが、三年生は初めてだ。

どうやって藍染めを説明しようかと思い悩みましたが、成り行きに任せることにした。

小学三年生と言えども、各々個性があるはずですから、話をしながらそれを見極めようと思ったわけです。

 
さて、実際に話を始めたら、みんなしっかり聞いているし、子供だと思ってこちらが合わせることもない。

それから二時間、選びつつも、私は私なりの言葉で、藍染めの話をしました。

 
楽しかったですが、それは私だけでなく、彼らも同じだろうと思う。

いや、思いたいな。

 
Dscf1580_22階では、カミサンは彼らに、自分でハンカチにアイロンを掛けさせておりました。

少しでも、自分の力が、このハンカチに加わっていると言うことを自覚させようと言うことらしい。

 

Dscf1584_2全員で記念写真。

楽しかった感じが伝わってくるし、さすがに田舎の子供達ですから、素直でとてもありがたかったな。



 

今日は、とても忙しい日そ過ごしましたが、カミサンに言わせると、毎日のことだそうな。

明日は、宇都宮と船橋の搬入。

だから、荷物を出す。

お直しの確認。

染め直しの確認。

カミサンは宇都宮に、私は船橋に行ってしまうから、その間の染めの打ち合わせ。

の間にDM制作。

私は、染め。

 
目が回る程だけれど、これがいつもの工房であるなら、カミサンはたいした働き者です。

 
何とか無事に一日を終わることが出来たけれど、カミサンはその上に夕飯の支度が待っている。

どうも、なんと申しましょうか…!

« マニュアル車 | トップページ | 「ばんや」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学生達:

« マニュアル車 | トップページ | 「ばんや」 »