フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« キエレス・マテ | トップページ | スカーフのかご染め の2 »

2008年6月12日 (木)

合宿

11時にりえ達をホテルに迎えに行き、三人を閑馬に連れてきた。

しばし閑馬の自然を楽しみ、前回来たときはお休みだった飛駒のカフェ・ブロッサムで昼食。
たぶんその様子は、岡本君のブログに詳しくかかれるだろうと思う。
ラムと豚肉の塩漬けで舌鼓を打ち、大満足で閑馬に帰って来て、ワインを飲んだギターリスト二人は、紺邑の2階でお昼寝。
りえは閑馬をウォーキング。

私は、閑馬小学校の校長先生が料理研究家の先生を連れて入らしたので、教育と子育て談義。
校長先生もすばらしい人ですが、72歳になるというこの料理研究家の女性もたいしたひとでしたね。
話の内容も勉強になりましたが、立ち居振る舞いや話の聴き方なども勉強になった。
誠にありがたい出会いでありました。

20080611195935_2 そうこうしている内に、練習が始まった。
熱心な物だが、当たり前のことでもある。
明日からの北海道巡業のためであるらしい。
それを聞きながら、今度は私が昼寝。

練習がいつまでたっても終わらないが、腹は減る。
夜は、カミサンが揃えてくれた食材で、紺邑の2階で五人で夕飯。
ビール飲んで焼酎飲んで、また宴会。
良くしゃべり、よく飲んで五人で雑魚寝。
まるで合宿の様だ。
話の内容は多岐にわたり、とても書けた物じゃない。
みんな良くしゃべるが、特にカミサンがすごかったな。

もちろんパソコンに向かう時間もなく、朝早くに起きてこれを書いております。
外は雷雨。
この辺りでは当たり前の雷ですが、三人は慣れないからびっくりして起きて参りました。
まるで地響きの様ですからね。

彼らは羽田から北海道に向かい、私は、また日常の生活に戻ります。

« キエレス・マテ | トップページ | スカーフのかご染め の2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合宿:

« キエレス・マテ | トップページ | スカーフのかご染め の2 »