紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 08/7吉祥寺通信vol.2 | トップページ | 08/8吉祥寺通信vol.4 BGM »

2008年8月 1日 (金)

08/8吉祥寺通信vol.3

府中三日目。

紺邑はコツコツと、何となく成績を上げているという感じです。
高望みをしなければ、これで充分。
しかし、それでは今後、これ以上の成績を上げることは出来ない。
さて、どうすればよいのか!?
思い悩む所ではありますね。

夕方、急に寒気が指した。
誰しも大切な身体でしょうが、私は休むことが出来ない。
ここは四日までだが、五日には、閑馬に三十数人のお客様がお見えになる。
六日から二十日までは、染めに勤しまなければならない。
ここで、どれだけ染められるかが、下半期の紺邑の売り上げを左右することになるでしょうからね。

紺邑は小所帯ではありますが、夢はある。
それを実現するためには、働くしかありませんし、嫌でやっているわけではないから、苦にもならない。
だから、働き続けられるのでしょうね。

寝込んではいられないので、葛根湯とユンケルとビタミンCを飲んで、何とか凌ごうとしておりますです。

体力をつけるために、肉が食べたくなった。
一人じゃ嫌だなと思っていると、ようやく次女から連絡がありましたね。
「夕飯でもどう?」と聞くと、「良いねぇー!」という期待通りの答え。
吉祥寺で待ち合わせ、270グラムのステーキをやっつけ、「酒でも飲もうか?」と聞けば、これまた「良いねぇー!」という期待通りの答えがあって、第一ホテルのバーで、私は「オールド・グランドダッド114」を、次女は「山崎」を頼んだ。
さすがの私も、114プルーフ(57°)のウィスキーをストレートでは飲めません。
いや、昔は飲んでいたのですが、もういけませんや。
二人とも、オンザロック。

飲みながら、お互いの近況を報告。
そして、次女は歌も歌っていますから、発声の基礎と考え方と身体の作り方を伝授。
まあ、飲みながらでは大して伝わらないでしょうから、八月に帰ってきたときに、また教えることにしました。

帰りは、井の頭線で途中まで一緒。
私も今日は、無事に帰って参りましたので、ブログが掛けたという次第であります。

« 08/7吉祥寺通信vol.2 | トップページ | 08/8吉祥寺通信vol.4 BGM »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/42034057

この記事へのトラックバック一覧です: 08/8吉祥寺通信vol.3:

« 08/7吉祥寺通信vol.2 | トップページ | 08/8吉祥寺通信vol.4 BGM »