紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 08/8吉祥寺通信vol.6 | トップページ | 思惑 »

2008年8月 5日 (火)

団体と蕎麦と

我が家の布団は、私に熟睡をもたらせてくれます。

久しぶりに、夜11時から朝七時まで、一度も起きることなく寝られました。

もっと寝ていろと言われれば寝られたのですが、9時20分には閑馬に、佐野市の小学校の家庭科の先生方が36名いらっしゃる。
その準備の為に、閑馬の工房に行かねばなりません。

準備を始めようとしたら、なんと、1時間前に第一陣が到着。

20080805090552 後は雪崩(なだれ)を打ったように、次々と、それも一台一台車でお見えになるので、その整理で準備どころではありません。
エネルギーの無駄のようですが、皆さんの午後の予定がバラバラなので、致し方ないことなのです。

9時20分からミーティングが始まり、その間に、染め場を整理して実演の準備を致しました。

10時から藍染見学のはずが、9時40分に早まり、それからハンカチを染めながらの私の講義だ。

皆さん辛抱強く凡そ11時半まで楽しまれて行かれたと思う。
藍も、この会合の為に建てた、全く新しもので、良く染まりました。

私の仕事はこれだけにさせていただき、家に帰りがてら、久しぶりに足利の蕎麦屋「九・一そば 第一立花」で昼飯とすることにしました。
携帯で写真を撮ったのですが、保存を忘れたらしい。

入って行きますと、「お久しぶりです」と聞いたような声がする。
ふと見ると、足利の、ちょいと前までは若手政財界の中心メンバーで、今は立派な中年になった3人が座っているではありませんか。
これで私が来たことがばれちゃって、店主の茂呂まで出てきてしまったが、懐かしいことでした。
何事か?と思いましたが、この3人が一緒だというのは、選挙の準備かなと思う。
町おこしの活動も含めて、十数年前には、その中心に私が居たのです。

さて蕎麦ですが、久しぶりの茂呂君の打った蕎麦は旨かったな。
だし汁にたっぷりと蕎麦をつけて食べる、細切りの蕎麦。
メニューを見ると、最近は十割も始めたらしい。
一緒に食した天ぷらも、結構でした。

最近の若者グルメには、分かりづらい味なのでしょうが、こういう蕎麦も、旨いと感じなければなりません。
なんてね。
好みは勝手にしろ!ってなもんですがね。

一人前でせいろが二枚出て来るので、カミサンのを一枚もらって三枚食べてきた。
うしろのお客は4枚食べていましたが、私はこれで充分。
茂呂君、ごちそうさまでした。

帰って昼寝です。
この五週間、旅先での私の夢は、自分の布団で昼寝をすること。
たっぷりと取らせていただきました。

ただ今夕方の七時。
カミサンが帰ってきた。
あれから建築関係のお客様が3組入らしたらしい。
あの面白い建物はなんだろう?と思って来て下さる方もいれば、私の知り合いの建築会社の人間も、時折訪ねてくるのです。

専門家から見ると、様々な印象があるらしいな。

« 08/8吉祥寺通信vol.6 | トップページ | 思惑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/42071590

この記事へのトラックバック一覧です: 団体と蕎麦と:

« 08/8吉祥寺通信vol.6 | トップページ | 思惑 »