紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« オリンピックのサッカー | トップページ | 昼寝 »

2008年8月 8日 (金)

珍客来閑

肉体疲労は、精神的疲労と違って、心地よい睡眠と寝覚めをもたらせてくれますね。

昨夜も10過ぎに「まだ寝ちゃ駄目よ!」というカミサンの声にもめげずに、布団に入った。
この時、足首、ふくらはぎ、膝の裏に湿布薬を貼って寝たのが、いつもと違うところ。

ところが12時頃、膝の裏のだるさにたまらず、目が覚めてしまった。
私と同じように疲れているはずのカミサンが起きていたので、ちょっと頼んで、膝の裏だけをマッサージしてもらったら、そのまま朝七時まで爆睡。

ありがたいありがたい。

工房に行き、染めに入りましたが、電話は鳴る、FAXで書類を送らなければならないなどなど、染め以外の仕事が沢山。

それをこなしながら、ようやく三時休み。

そこに、真っ黒なシャコ短のワンボックスカーが入ってきた。

降りてきたのは、大阪近鉄百貨店上本町店で開かれている「職人の技展」の実行委員の面々。
Dscf1774_2 写真手前右から、担当の有久嬢、私、代表幹事西出さん(柘植櫛)。
後列左から、お馴染み岡本ぴょん、会計冨沢コルク、藤村トンボ玉という面々。

良く来ましたが、恒例の幹事会視察旅行で、埼玉に来たついでに寄ったという、「ついで」!

この面々が、閑馬に居るというだけでも、不思議な感じがしますね。

閑馬に来る前の工房を知る、珍しい百貨店担当の宇治君が、所用で来られなかったのは残念。

七軒町の工房と閑馬との落差を、見せたかったな。
2006_12270037_2 これが前工房です。
トタン屋根だったから、雨が降るとうるさいことうるさいこと。

ここが、紺邑の始まりでありました。
1階の手前北側の、6畳ほどの風呂場と、やはり6畳ほどの台所をお借りしたのです。

幸いな事に、風呂場に井戸のポンプがありました。
行き先も定まらなかった私には、ここは天国の様でしたね。

この建物は、今はありません。

_edited_2 それが山の中とはいえ、こういう建物に変わったのですから、当時を知るひろこさんなど、「本当に実現するとは思わなかった」とおっしゃいますが、私たちだって隔世の感があるのですよ。

何故出来たかと言えば、分かりません。

私たちがしてきたことは、夢を語ってきたことだけだし、それもまだ途中だ。

この連中にも、またまた夢を語ってしまいましたが、うるさがっておりましたね。
ま、私が良くしゃべるというのは、定評がありますからね。

ところが、カミサンの私の第一印象は、「なんてしゃべらない人なんだろう」という物だったのです。
こういう話は、別のところで書く予定であります。

慌ただしい来訪でありましたが、足利の駅まで、ぴょんの車で送り、大阪組の三人を見送って、少し早めですが、家に帰って参りました。

« オリンピックのサッカー | トップページ | 昼寝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/42106799

この記事へのトラックバック一覧です: 珍客来閑:

« オリンピックのサッカー | トップページ | 昼寝 »