紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 宇都宮 | トップページ | 宇都宮通信vol.2 宇都宮市 »

2008年8月22日 (金)

宇都宮通信vol.1

宇都宮の「職人の技展」が始まりました。
併設催事は「バーゲン」。
どうなるだろうかと思いましたが、お客様の入りはすばらしかったですね。

宇都宮の催事は、関東以北で高島屋系の百貨店以外で行われた、初めての「職人展」ですし、私と組紐の平井と水晶の大森君の三人で、当時の鈴木次長に頼んで始まった物です。
今回が13回目。
それが、八木橋、千葉三越、東武船橋と広がって行ったのです。
まだブラシ屋の旦那の会社も、A企画も、無かった頃のお話し。

集まってくれた職人達は、東北新幹線に乗るのも初めてという人達ばかり。
それも、日本中から集まってくれた。
もちろん、宇都宮が何処にあるのかも、東武宇都宮百貨店も知らない。
それなのに、私の声掛けに答えて来てくれた。
彼らが社員通用口に集まった姿を見て、私は感動したものです。

あれから色んなことがあったし、起きた。

所謂「職人展」も、日本中で開かれるようになった。

私も、紺邑を始めた。

世の企画会社には、そんな歴史も知らずに、私が企画会社を始めるのじゃないかと思っている人が、今でもいるし、やっていると思っている人さえいる。
私にとっては、藍染が本文です。
私が企画会社を始めると思っている人は、己に本文のない人だな。

さて、初日はオリンピックもあり、日本中の百貨店の現況をみると、どうなるかと思いましたが、沢山のお客様に来ていただいた。
全体の成績は、藤掛雄山さんが今回、体調不良で出展していない分の落ち込みで済んだようです。
午後には雷を伴った大雨が降った。
そのために、エスカレーターも止めた程。

その割には、良しとしましょう。

カミサンは船橋の「栃木・福島の観光と物産展」に出展中ですが、こちらの紺邑は好調のようです。
宇都宮もまあまあだ。

紺邑としても、すばらしい出足となりました。

« 宇都宮 | トップページ | 宇都宮通信vol.2 宇都宮市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/42237281

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮通信vol.1:

« 宇都宮 | トップページ | 宇都宮通信vol.2 宇都宮市 »