紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 宇都宮通信vol.1 | トップページ | お休みのお知らせ »

2008年8月23日 (土)

宇都宮通信vol.2 宇都宮市

宇都宮二日目。

宇都宮市は、言わずと知れた、いや、言わなきゃ分からないでしょうから書きますと、栃木県の県庁所在地であります。

人口約51万人。
東京から東北新幹線で約50分
上野から宇都宮線快速で約1時間25分
横浜から湘南新宿ラインで約2時間10分
東京から東北道で130キロメートル
という所に位置しております。

東京以北では、仙台に次ぐ2番目に大きな町。
「宇都宮城釣天井事件」で知られておりますね、って、知られてないかな(笑)

お役所の町と言った印象が、私にはあります。

栃木県には、栃木市がある。
何故そこが県庁所在地ではないかと言いますと、栃木県と宇都宮県が合併したとき、県の名を「栃木」とし、県庁所在地を「宇都宮」とするという事にしたからだそうな。

栃木県は、全国で知名度の無さでは1・2位を争うらしい。
そこで、ちょいと紹介させていただきました。

東武宇都宮百貨店は、北関東では一番大きく、勢いのある百貨店です。
「ここで駄目なら、茨城、栃木、群馬の何処の百貨店でやっても駄目だ」というのが、私が最初に、全国の職人達に来てもらうときに、説明した言葉であります。

以前は、上野、西武、東武と、3軒百貨店がありましたが、今や東武がオンリーワンだ。
駅前のロビンソンも撤退してしまいました。
 

さて二日目。
まずまずの成績でしょう。

今回は、栃木放送のご協力を得まして、毎日、会場からの生中継か電話取材をしてもらっています。

それに付き合ったりしなければならないので、今回は、船橋には行かないことにしました。

船橋の方々には、お正月にお会い出来ますように。

« 宇都宮通信vol.1 | トップページ | お休みのお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/42245254

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮通信vol.2 宇都宮市:

« 宇都宮通信vol.1 | トップページ | お休みのお知らせ »