フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 鎚起銅器 | トップページ | うめだ通信vol.7 最終日 »

2008年9月 2日 (火)

うめだ通信vol.6

うめだ六日目。

鍛冶屋のホームページにある日記「鍛冶や方丈記」で、私はちょいとからかわれておりますが、今回は苦戦中であります。

お馴染みのお客様も、余りお見えになってくださいませんね。

ですから、成績がどうのこうのというより、楽しくないのです。
だから、疲れる。

名和ご夫妻が救ってくださったが、毎日来て下さいと言うわけにも参りませんからね。

京都タカシマヤで、「第20回 この道ひとすじ 日本の伝統展」という催物が開かれていました。
昨日終わりましたが、六日間の予算を五日で達成したらしい。
担当が梅田に入らして、「うちはこの三倍はお客様が入っている」と言って帰ったそうです。
消費マインドの低迷と、簡単に片付けられないようですね。
先週の船橋の催事も、大成功でしたしね。
それとも、大阪がよろしくないのだろうか?

この辺りは、百貨店で商売させていただいている我が身としては、じっくりと考える必要があるのではないかな。

幸い今月は、時間があります。
久々に、考える事をしてみたい。
また、そのために頂いた時間だろうと思っております。

昨夜は、島倉君の事を書くだけで精一杯。

お酒も飲まず書きましたが、「夕飯の時に飲まずに、寝る直前に飲むとよく寝られる」という、贄田さんの助言を実行してみた。

本当によく寝られましたね。
久々に、熟睡した実感を持って、朝起きております。

今日は6時閉場。

足利の家まで帰れるかどうか、ギリギリのところ。

無理ならば、浅草泊まり。

« 鎚起銅器 | トップページ | うめだ通信vol.7 最終日 »

コメント

お疲れさまでした。お宅までお帰りになれましたか?
染め直し届きました。ありがとうございました。又着るのが惜しくなってます。

お宅に帰れませんでした
しかし、ホテルのサウナに入り、今、マッサージを呼んで自分にちょっとご褒美です。

染め直しですが、前の面影がちゃんと残っているでしょ!
前よりずっと良いな!なんて、染めた私が言ってはいけません。

どうぞ、お楽しみ下さい。
九月はずっと工房におります。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うめだ通信vol.6:

« 鎚起銅器 | トップページ | うめだ通信vol.7 最終日 »