フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 08/10渋谷通信 「柿の木坂」 | トップページ | 08/10渋谷通信vol.3 »

2008年10月25日 (土)

08/10渋谷通信vol.2

渋谷二日目。

 

大雨!
ちょっとした雨なら傘は差さない傘嫌いの私が、差さねばならぬほどの大雨。

 

そのためか、お客様の数は非常に少ない。
成績も然り。

 

珍しく、若い人が店を覗いてくれた。
質問もされ説明もすると、「実はブログ読んでます。ファンです」なんて言ってくれる。
「なんで私のブログなんか知ったの?」と問いつめると、「実は玲さんの友達です」と白状しましたね。
バンダナを買って下さったが、いやいやありがたい。

 

搬入の日のミーティングでも、毎日読んでますと言ってくれた職人が二人。
これも、ありがとね。

 

鍛冶屋の所に行って、「昨日は娘と飲んで、『こころ』について語っちまったよ」というと、「まーた語ったんですかぁー」と言う。

しばらくしてから私のところに来て、演説を始めやがった。

 

曰わく「パリでお世話になった写真家のセンゴさんに、お礼をしようと思ったんですよ。米子であなたから買った『あれ』覚えてます?あれにしようと思った。ところがですよ、どうやって差し上げようかと考えましてね、ただのプレゼントじゃ面白くないと思っているところに、センゴさんが風邪気味だという。そこであれを『これを首に巻いてご覧なさい』と言って渡したら、首に巻いて離さない。何日か経って『ひょっとして、これをいただくという事にはなりませんか』とセンゴさんがいうから、『最初から奥様にプレゼントしようと思っていた物ですよ』といってお渡ししました。大川さん、これが『こころ』ってもんですよ。『こころ』っていうのは語るもんじゃありません」なんてぬかしやがりましたね。

「あれ」とはウールのストールですが、センゴさんは天然繊維アレルギーなので湿疹ができる。
それでも、首にまいて離さなかったらしい。
奥様もお気に召していただいたとのこと。

 

誠にありがたいことだ。

 

そして、「センゴさんが言うには、『これまで色々藍染をもらったが、ありゃーみんな偽物だね。これを首に巻いて、私は直ぐにわかったよ』と言ってましたよ」とは、これも鍛冶屋の弁。

 

これまた、ありがたいな。
まあ、鍛冶屋の顔も立ったのだろうけれど、あいつの首に巻く奴が無くなっちゃったわけで、褒められついでと、この間、このブログでくさしたお詫びついでに、手織りのウールの、この世に二枚しかないマフラーを上げちゃった。

 

夜は宴会。
帰り際に、鍛冶屋が握手を求めてくるから、「なんだ?」と言うと、「あなたね、自分の発言の影響力って物を知らないでしょ。これから気をつけて下さい。これは、紺屋と鍛冶屋の手打ちって事です」だとさ。

 

私は「わかりましたよ」ってなもんです。

« 08/10渋谷通信 「柿の木坂」 | トップページ | 08/10渋谷通信vol.3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「こころ」と「男」を学べますね!

この二人の「呼吸」もまた学び、身につけたいものです。

竜虎のバトルは素晴らしい!

明日もとい今日も渋谷に出勤だ、もう寝ましょ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/10渋谷通信vol.2:

« 08/10渋谷通信 「柿の木坂」 | トップページ | 08/10渋谷通信vol.3 »