紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

  • 春の藍建て講習会
    「春の藍建て講習会」は、希望者全員の参加が確定しましたので募集を締め切らせていただきました。
フォト

« 和紙の藍染め 2 | トップページ | 世相雑感 「政権交代」 »

2008年10月 8日 (水)

「正藍染」と「本藍染」

 ちょいと用がありまして、ネットで調べ物をしておりましたら、「正藍染」と「本藍染」という言葉が出て参りました。私もこのブログで、「正藍染」について説明させていただいてもいる。それにしても、私のを含めて、様々な説明があるものです。「うちの藍染は天然藍を80%使用している正藍染です」なんていう説明にも出会った。
 

 「正藍染」と言う言葉は、柳宗悦の著書「手仕事の日本」でも紹介されております。

Img002
 この本には、日本の民工芸の、戦前の実情が良く表されております。ご興味のある方は、読んでみては如何でしょうか。
 戦後はどうなっているかと言えば、もっと酷くなっていると読んでいただいて結構だと思います。もちろん、藍染についてもです。
 

 最近、インターネットや新聞記事で紺邑をお知りになった方々から、電話を良く頂戴いたします。それによりますと、藍染について大分混乱が見られる。

 「正藍染と本藍染ってどう違うんですか?」とか、「色々なお話しがあって、どれがどれやらさっぱり分かりません」なんていう声もある。

 インターネット上の「藍」と「藍建て」と「藍染」の説明を読んだ私の実感を申し上げると、染める方も売る方も、良くご存じないのではないかと思える。だから、買う方は、余計に混乱するのではないか。

 
 「正藍染」とは簡単なことで、「すくも」を「灰汁(あく)」で醗酵させる、伝統的な藍建て(本建て)による「藍染」の事を言います。

 「すくも」を使わなければ、正藍染ではありません。
 「灰汁(あく)」で建てて(醗酵させて)いなければ、正藍染ではありません。
 苛性ソーダなどは使いませんし、ハイドロサルファイトや亜鉛末などの人工的な還元剤や、水飴やブドウ糖などのグルコースの入ったものも一切使いません。もちろん、灰汁で建てた後の維持管理も同じです。「本建て」が出来たところで、維持できなければ、建てたことにはなりません。建てた後で苛性ソーダや還元剤を使い、「正藍染」だと言っては、やはり嘘になるでしょう。

 しかし、方法は一つではない。私(紺邑)のやり方と違うからと言って、「正藍染」ではないなどという、おこがましい意見は、私は持っておりません。
 日本で唯一の人間国宝・千葉あやのさんは、「正藍染」として指定されていますが、その染め方を「正藍冷染」といって、私のやり方とは違います。

 
 では、「本藍染」とは何か。これは、私の知る限りですが、最近の言葉です。
 それが「本染め」の事なら、「本建て」でなくてはなりませんが、そんな意味はないのではないかと、経験上、私は思います。
 たぶん、「すくも」または、いわゆる「天然染料」として市販されている「藍」を使って染めている物を言うのではないでしょうか。還元剤を使っても、原料が藍草由来の天然だから「本藍染」と言っているように、私には見える。
 つまり、原料が問題であって、建て方を問題にしていない。いや、原料の質も、問題にされない。

 あまり詳しく書きますと、藍染をしている人や、売っているお店の営業妨害になるかもしれないので、これくらいにしておきますが、紺邑にいらっしゃれば、全てお話しさせていただきます。

« 和紙の藍染め 2 | トップページ | 世相雑感 「政権交代」 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/42722664

この記事へのトラックバック一覧です: 「正藍染」と「本藍染」:

« 和紙の藍染め 2 | トップページ | 世相雑感 「政権交代」 »