紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 奇蹟 | トップページ | 近況 »

2008年12月27日 (土)

「与える」ということ

「冬のプレゼントフェアー」が終わり、ホッと一息なんて着いていられません。
先ずは片付け、日本橋三越と東武船橋への出荷の準備、各百貨店のDM製作、社長業などなど諸々。
師走だなぁ~!
家に帰るのがここのところ遅く、夕飯も9時10時。
だけど、去年に比べれば、忙しくて幸せだなぁ。

報道によると、非正規社員の八万五千人が失業すると云います。
あのトヨタでさへ赤字だなんて、暗いニュースばかり。
でもね、24日の私が住んでいる町は、車の渋滞が生じたほど賑わった。
ニュースを知らなければ、とても不況とは思えない雰囲気でしたね。
それでも、100年に一度の経済危機であることは間違いないらしい。

作家の曾野綾子さんが、昨日の産経新聞のコラムで「人は自分が他人に与える立場にいるという自信を持つ限り、自暴自棄になることはないのである」と書いていらっしゃる。
おむつをつけた赤ちゃんでさへ、倒れた父親の下の世話をしたという実例を挙げながら。。。


 今の日本は、不満だらけだ。その理由は、国家から、会社から、親から、もらうことばかり当てにしているのに、彼らはそれほど豊かには与えてやれないからだ。
 親や国家や社会が無能なのではない。誰も自分を助けてくれる人は本質的にいないのだ。すべて自分で何とかしなければならない、と思うと、「赤ちゃん」まで親のために働ける。日本人の精神の方向性を、もらう期待から与える姿勢に百八十度転換すれば、この閉塞的な空気の重苦しさを解決する場面は多い。
 この食うや食わずの状況で人を助けられますか、と言うひとはあるだろうけれど、それは間違いだ。いささかでも与える生活はどんな貧しい境遇でもできる。与える行為は国家社会に利用されることだ、という思想を払拭できれば、思いがけない道もひらくのである。

ちょいと長い引用でありますけれど、新聞を読むことも、悪いことばかりではありませんね。

私達は、幸いな事に、物も仕事も造れる。
それをみんなでシェアーも出来る。
これから始まる
日本橋三越の「匠の技展」も、ブラシ屋の旦那が造ってくれた物だ。
それを、出展しているみんなで顧客を共有化してシェアーしているから、きっとこの不況を乗り切って行くことだろうと思う。

船橋は、実は私がきっかけを作った。
しかし、シェアーしていることは、三越本店の催事と同じです。
時期がいつも一緒で、私は困るのだけれど、船橋は、そのシェアーをするという役割で、私が必要だと、百貨店の担当者にくどかれ、私は船橋に伺っているのです。

ある地方を代表する企業がリストラを計画し、労働組合に人員削減を提示した。
組合のリーダーは、社員全員の給料を下げることによって、一人も首を切らせなかった。
その人を存じ上げておりますが、信念の人だ。

「与える」ということに「助け合う」という事を加えても良いのではないかな、なんてね(汗;

« 奇蹟 | トップページ | 近況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/43541225

この記事へのトラックバック一覧です: 「与える」ということ:

« 奇蹟 | トップページ | 近況 »