フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 黄砂 | トップページ | 帰還 »

2009年3月18日 (水)

斐川

朝、岡さんがお迎えに来て、「ちょっと散歩しよう」と言って連れて行ってくださったのが、荒神谷史跡
20090318101003 銅剣・銅矛・銅鐸が、大量に見つかったところ。
その全てが、国宝。
この場所を、昔から神庭(じんば)と言っていたそうですから、神の庭から出土した国宝と言うことでしょうか。

神社も多いが、その一つ一つに、物語がある。
そんなことは当たり前ですが、その奥が深い。
例えば斐川には、水の神様がいらっしゃるけれど、スサノオノミコトの息子で、ただ一人大和に逆らい、諏訪に流れ、諏訪神社があるなどという話は、壮大なる古代のロマンでありますね。

 
斐川は、企業誘致に成功した町。
その因は、水。

斐川を流れ、宍道湖に注ぐ斐伊川は、表に見える水量は少なくても、豊富な地下水を抱えている。
他の地域が水不足になっても、この辺りが困ることは全くないのだそうな。
そして豊かな平野が広がり、農作物も水産物も豊か。

工房おかやは、良いところにあります。

 
ここは出雲。
島根県はその他に、石見、隠岐と、三つの地方で構成されている。
石見は大田市に参りましたが、隠岐はさすがに行けませんでしたが、これも奥の深い事です。

隠岐は流人の島ですが、後鳥羽上皇、後醍醐天皇が有名ですね。

閑馬の隣の山形には、「御所の入り」という所があります。
御所とは、天皇・上皇・皇后などの敬称ですから、その昔は、何かがあったはず。
そこには、柿本人麻呂を祭ったひとまろ神社があり、惨殺された後醍醐天皇の子息の墓もあるそうな。
この二人とも、島根にゆかりがある。

何かの縁を感じますね。

 
展示会最終日は、朝早くからお客様に恵まれ、コルクの帽子と藍染のジャケットが出て、岡さんご注文のシャツも届き、めでたく終了いたしました。
 
夜はまた、岡さんの手料理をご馳走になり、出雲のワインと二人のお嬢様との会話で酔っぱらいまして、自分が何処にいるのか分からなくなって、これまためでたく終了!

« 黄砂 | トップページ | 帰還 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斐川:

« 黄砂 | トップページ | 帰還 »