紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« ナゴヤドーム3 藍染の色落ち | トップページ | ナゴヤドーム 5 騒音 »

2009年4月11日 (土)

ナゴヤドーム 4 「何と申しましょうか」

「何と申しましょうか」とは、野球解説者小西得郎さんの名解説だと知る人は、長い野球ファン。
それは私の、ナゴヤドームイベントの感想でもあります。

さすがに土曜日ですので、ものすごい人の入りです。
多分、数万人という数ではないかと思う。
その人数のざわめきと、小林幸子(何故か演歌は呼び捨てだ)の歌が会場に流れる中、目の前では目隠し将棋の熱戦が繰り広げられ、それが終わると我が売り場の隣で、鵜飼いの実演が始まる。
将棋はたっぷりと楽しませていただいているけれど、間断のないその喧噪で、耳と頭の中は複雑に混乱し、疲れ果てました。
人が集まれば物が売れるという発想がありますが、なかなかそうは問屋が卸しませんね。

ところで小西得郎が、なぜ「何と申しましょうか」と言ったか。
玉を股間に当てた選手が、余りの痛さに身もだえた。
それを見て、「何と申しましょうか、この痛さばかりは、ご婦人には絶対わからない痛さでして」と解説したそうな。

« ナゴヤドーム3 藍染の色落ち | トップページ | ナゴヤドーム 5 騒音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/44643135

この記事へのトラックバック一覧です: ナゴヤドーム 4 「何と申しましょうか」:

« ナゴヤドーム3 藍染の色落ち | トップページ | ナゴヤドーム 5 騒音 »